シニアライフ

「秋のバラフェア」2021、バラを愛で、戸外で遊ぶ子らに心踊る秋の日

投稿日:2021年10月29日 更新日:

グリーンパーク 秋のバラフェア

 「バラの花が見たい」とカミさんが言う。どうやら若松区のグリーンパークで、恒例の「秋のバラフェア」が始まったようである。

 そういえば3年前に出かけたきり、とんとご無沙汰であった(3年前の記事はこちら )。
 外は絶好の秋晴れ、コストコに買物に出かけるついでに、バラフェアを覗いてみることにした。

 ※ 本記事は、2021年10月28日の様子を10月29日にアップしたものです。

秋のバラフェア 2021

グリーンパーク 秋のバラフェア バラフェアが開催されるグリーンパーク
(出典:北九州市響灘緑地グリーンパーク 公式サイト)

 バラフェアについてあれこれご託を並べるよりは、まずは艶やかなバラの姿をお楽しみいただきたい(素人写真で恐縮だが)。

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

 

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

グリーンパーク 秋のバラフェア

 会場には甘い香りが漂い、色とりどりのバラがこれでもかとばかり彩りを競っている。平日とあって入場者も少なく、広いバラ園をゆっくりと散策することができた。

グリーンパーク 秋のバラフェア

 眺めの良いベンチで弁当を食べるシニアの方々もちらほら‥‥。小生らも途中で買ったホット・ドッグとウーロン茶を取り出し、花の競演が楽しめそうなベンチに腰をおろす。

グリーンパーク 秋のバラフェア

こんな光景を眺めながらのランチだった

 

「遊びをせんとや生まれけん」、秋の日差しを楽しむ人々

グリーンパーク

熱帯植物園

グリーンパーク

大芝生広場

  広大な大芝生広場では、思い思いに秋の日差しを楽しむ人々がそこここに‥‥。緑陰の読書なんて、うらやましい限りだ。

グリーンパーク

 遠くから子ども達の歓声が聞こえるので、声のする方へ歩いていくと‥‥。凄い数のブランコだ!

グリーンパーク

 「世界最長のブランコで、ギネスに認定されてるみたいよ」とカミさん。全長が163.35mで100人乗りだそうだ。

 なるほど、これなら順番を待たずとも、好きなだけ遊ぶことが可能だ。どの子も歓声を上げながら、いつまでもいつまでも漕ぎ続けている。

グリーンパーク

 何とも楽しそうにブランコに興じる子ども達。見ているこちらまで心が弾んでくる。
 力一杯こいで、思い切り声を挙げて、コロナなんか吹き飛ばせ!

 芝生に視線を移すと、カラスの群れを追い回す男の子。

グリーンパーク

 サッカーボールを奪い合う少年たち、

グリーンパーク

顔にマスキングを施しています

 走ることそのものが楽しくてたまらないかのような幼児。

グリーンパーク

顔にマスキングを施しています

遊びをせむとや生まれけむ
戯(たはぶ)れせむとや生まれけむ
遊ぶ子供の声聞けば
我が身さへこそゆるがるれ (「梁塵秘抄」)

遊びをしようとして生まれてきたのであろうか。
あるいは、戯(たわむ)れをしようとして生まれてきたのであろうか。
(無邪気に)遊んでいる子供の(はしゃぐ)声を聞くと
(大人である)私の身体までもが、(それにつられて)自然と動き出してしまいそうだ。

 バラと子ども達に、たくさんの元気をもらった一日だった。 

 「秋のバラフェア」は11月14日(日)まで開催とのこと。お好きな方はぜひ。

※ グリーンパークの情報はこちら >北九州市響灘緑地 グリーンパーク公式サイト

-シニアライフ
-, , ,

執筆者:

関連記事

口は「命の入口」(2) 歯磨き・舌掃除はいつから習慣化したのか?

 前回は、金さん銀さんの口腔ケアのエピソードを紹介した。お二人は朝起きて洗面をした後、舌の掃除をしていたという。

太宰府天満宮、今年最後の梅見に出かける。

 今週は好天に恵まれ、4月中旬なみの気温が続くという。3月7日、春の陽気に誘われ太宰府天満宮に残り梅を見にいくことにした。

シロヒガンバナ

白野江植物公園は、秋の花に彩られていた

 本日(9月21日)は、北九州市門司区の「北九州市立白野江植物公園」を訪れる日である。目的は、「自然治癒力を高める基本の生活(寝かせ玄米試食会)」講座に参加するため。小生でも、時には「生涯学習」にいそしむこともあるのだ。

口は「命の入口」(1) 覗いてびっくり、金さん銀さんの口の中

 精田紀代美さんが、芸名「おんなきよまろ」を名乗り始めたのは、7年前のことである。多分、漫談家の綾小路きみまろさんを意識した芸名なのだろう。

バターナイフ

木工体験教室に参加、バターナイフを作ってみた。

 このバターナイフ、小生が生まれて初めて作った木工作品である。  板材はブラック・ウォールナット。長方形の板材からおおまかな形を切り出し、ナイフと紙やすりで形を整え、最後にアマニ油を塗り込んだもの。 …


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 328383総閲覧数:
  • 3189月別閲覧数:
  • 226347総訪問者数:
  • 2414月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031