山行記録

三俣山、期待した紅葉はまだまだであった

投稿日:2021年10月27日 更新日:

くじゅう連山 三俣山

三俣山本峰から見下ろす大鍋、色づきは未だしの感だ。

 例年10月20日を過ぎると、くじゅう連山では大船山の御池、三俣山の大鍋の紅葉が見頃を迎える。今年も錦繍の彩りを味わおうと、三俣山に出かけてきた。

 結果はご覧の通り。紅葉の色さえほとんど分からないようなありさまで、いささか拍子抜けの思いであった。

※ 本稿は2021年10月23日の山行記録を、10月27日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。山行軌跡図(三俣山)

0730 長者原登山口 ~ 0911 スガモリ越 ~ 0949 三俣山西峰 ~ 1020-1050 本峰(1,745m)~ 1113 北峰 ~ 1156-1233 大鍋底(昼食) ~ 1310 南峰 ~ 分岐 ~ 1344 西峰 ~ 1406 スガモリ越 ~ 1528 長者原登山口 

※ 参加メンバー:4名(B氏、N氏、N氏の奥様、がしん)

活動時間(含む休憩時間) 7時間58分
活動距離 11.4km
累積標高上り/下り 1,055m/1,049m
カロリー 4,149kcal

※ 何度も休憩をとったため、活動時間は参考になりません。

 

写真中心の山行メモ

 長者原登山口を午前7時30分に出発。我々と同様、スガモリ越をめざすグループがそこここに。

くじゅう連山 三俣山

 硫黄山道路を50mほど進むと、登山者用の臨時駐車場が開設されていた。
 紅葉シーズンに入り駐車場の混雑緩和のため、11月28(日)まで開設とのこと。

くじゅう連山 三俣山

 2020年7月の豪雨で大規模な土石流が発生した箇所にさしかかる。「土日祝日のみ通行可能です」との看板が目に入る。

くじゅう連山 三俣山

 土石流で樹木がなぎ倒され、冷蔵庫ほどの大きさの石がゴロゴロ転がっている。横倒しになった木々が何とも痛ましい。

くじゅう連山 三俣山

 土石流に浸食された面積の広さに圧倒されてしまいそうだ。自然の猛威に言葉も出ない。

くじゅう連山 三俣山

 登山口から1時間ほど汗を流すと、大曲からの登山道と合流。朝の陽光に輝くススキが美しい。

くじゅう連山 三俣山

 N氏の奥様、この日は念願の「三俣山お鉢巡り」ができるというので、出発時からハイテンション。足取りも軽やかに先頭を切り、ぐいぐいと男どもを引っ張っていく。

くじゅう連山 三俣山

 9時11分、スガモリ峠着。峠の休憩所は、多くの登山者で賑わっている。

くじゅう連山 三俣山

 この日は三俣山の紅葉目当ての団体さんが何グループも入山しており、スガモリから西峰までの登路はけっこうな混雑だった。
 見上げると、人、人、人‥‥。

くじゅう連山 三俣山

 振り返ると、次々に後に続く人の列。早く行けとせかされているようで、落ち着かない。

くじゅう連山 三俣山

 こんな時は登路を外れて一息入れ、周囲の雄大な風景を眺めるに限る。
 中岳、久住山、星生山を背景に、北千里ヶ浜を歩く登山者が豆粒のように見える。

くじゅう連山 三俣山

 西峰を経て本峰(1,745m)に到着したのが10時20分。ここも多くの登山者で一杯だ。

くじゅう連山 三俣山

 いくら探しても先行する3名の姿が見えないので電話すると、Ⅳ峰にいるとのこと。どうやら分岐で右と左を取り違えたらしい。
 3人を待ちながら大鍋を覗いてみると‥‥、残念! 期待した彩りにはほど遠く、あちこちで失望の声が聞こえてくる。

くじゅう連山 三俣山

 「寂しいねぇ」「今年は紅葉が遅いんだ」「大船山も全然色づいてないよ」と。まぁ、こればかりは自然の摂理。仕方あるまい。
 秋晴れの好天に恵まれたことに感謝するとしよう。

くじゅう連山 三俣山

 気を取り直し、遅れて到着した3名とお鉢巡りを楽しむことにする。

 本峰山頂から急降下のような下りをロープを頼りに降りていき、鞍部から北峰に向け急登を登り返す。南峰から本峰へ続く大鍋の懸崖、ここでもほとんど色づきは見られない。

くじゅう連山 三俣山

 北峰山頂の岩場から、切れ落ちた大鍋の底を見下ろす。高度感はなかなかのもの。

くじゅう連山 三俣山

 「高所恐怖症なんです」と自称していたN氏の奥様も、少しずつ慣れてきた模様。

くじゅう連山 三俣山

 やっと色づき始めた紅葉を見つけ、パチリ。

くじゅう連山 三俣山

 北峰を下ったところにある岩場、紅葉のビュースポットなのだが、寂しい限りである。

くじゅう連山 三俣山

 紅葉最盛期の頃は、こんな絶景を見せてくれるのに。

くじゅう連山 三俣山

2018年10月20日撮影

 11時56分、大鍋の底(噴火口跡)でランチを食べることにする。我々以外に1グループがいるだけで、ほぼ独占状態であった。

くじゅう連山 三俣山

 シートに腰を降ろし登山靴を脱いで、ゆったりとランチを楽しむ。いつもなら360度紅葉のグラデーションを楽しめるのだが、残念至極である。

 

くじゅう連山 三俣山

 晴天と紅葉のタイミングに恵まれると、こんな風景を眺めながらのぜいたくなランチとなる。

くじゅう連山 三俣山

2018年10月20日撮影

 食後のコーヒーを楽しんだ後は、大鍋の底から急登を登り返す。食後のせいか、体が重い。

 あえぎながら南峰山頂に着いたのが13時10分。
 「すいません、写真を撮ってもらえますか?」と声をかけてきたお嬢さん。山頂標識に右手をかけ、そのまま背中をこちらに向けポーズ‥‥。初めて目にするこのポーズ、すこぶる新鮮であった。

くじゅう連山 三俣山

 「あっ、うろこ雲!」という声で視線を上げると、なるほど。高く澄んだ秋空に密集する鱗雲、いいねぇ。

くじゅう連山 三俣山

 Ⅳ峰と本峰間の分岐を過ぎれば、往路をたどって下山するのみ、と気楽に考えていたが、この日のスガモリから先は実に長かった(小生にとっては)。

くじゅう連山 三俣山

 半ばヘロヘロ状態で長者原に着いたのが15時28分。休憩を多くとったとはいえ、8時間近く活動したことになる。

 振り返ると、堂々とそびえる三俣山が「また来いよ」と言っているようだった。

くじゅう連山 三俣山

 紅葉にはまだ早かったが、今日も楽しい山歩きだった。

-山行記録
-, , , ,

執筆者:


関連記事

くじゅうの黒岳で「陽だまりハイク」を楽しむ

 山友のS氏から「どこか行きませんか」とのリクエストを受けていた。今年は紅葉の時期が早く、すでにピークは1,000m以下の山に移っている。くじゅう黒岳山ろくの男池周辺ならまだ紅葉が残っているだろうと考え、出かけることにした。

古処山奥ノ院ルート

古処山(こしょさん)奥ノ院ルートを初めて歩く

 毎月第4日曜日は、所属している山の会の例会山行日である。今日(8月26日)歩くのは、古処山の奥ノ院ルート。小生はまだ足を踏み入れていないルートなので、興味津々というところである。 目次1 本日のお題 …

泉水山~黒岩山、マスク着用の稜線歩き

 所属する「アタック山の会」の8月定例山行は「泉水尾根の稜線歩き」。本来は沢水(そうみ)キャンプ場で前泊し、くじゅう南面から大船山をめざす予定だったが、コロナ禍と7月豪雨による登山道被害のため、やむなく予定変更となった次第。

耶馬溪トレッキング、競秀峰と古羅漢探勝道を歩く (2)

  本耶馬渓の「競秀峰(きょうしゅうほう)めぐり」を約2時間で終え、続いて羅漢寺参拝と「古羅漢探勝道(ふるらかんたんしょうどう)」を歩いた記録をどうぞ。

桜 添田公園

岩石山、巨岩からの展望と満開の桜

 ブログへの記事アップが滞っているが、これには諸事情があり、その詳細は、いずれ改めて述べることになるだろう。小生の体調を気遣っていただいた方々、ご心配をおかけしています。体調は問題なく、忙しさでブログを書くゆとりがないだけの話です。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 140634総閲覧数:
  • 928月別閲覧数:
  • 92508総訪問者数:
  • 626月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031