山行記録

星生山、稜線歩きで大展望を満喫

投稿日:2022年8月31日 更新日:

久住山

星生崎から久住分れへの下り(写真3枚を合成したもの)

 アタック山の会の8月例会山行は、くじゅう連山の「前岳」登山。下山後は黒嶽荘で汗を流し、地鶏バーベキューで会員諸氏と飲み明かす予定であった。楽しみにしていた年1度のお泊まり山行だったが、コロナ蔓延により宿泊は取りやめ。代わりに星生山への日帰り山行に変更となった。

※ 本稿は2022年8月27日の山行記録を、8月31日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行地図はYAMAPによるもの星生山山行軌跡図

0911 牧ノ戸登山口 ~ 0942 沓掛山 ~ 1045 扇ヶ鼻分岐 ~ 1131-1227 星生山(1762m)~ 1311 久住分れ~(西千里ヶ浜)~ 扇ヶ鼻分岐 ~ 1443 沓掛山 ~ 1517 牧ノ戸登山口

※ 参加メンバー:12名(アタック山の会メンバー)

活動時間(休憩時間) 6時間06分(1時間50分)
活動距離 8.1km
累積標高上り/下り 620m/618m
 カロリー 3,092kcal

 

写真中心の山行メモ

星生山

 午前9時前の牧ノ戸峠の気温は18度。夏休み最後の週末で晴天が3~4日続くという予報もあり、駐車場はすでに満杯。周辺の空き地や路肩に分散して駐車。
 準備を終え、登山口を出発したのが午前9時11分。

 出発時には厚い雲が空を覆っていたが、沓掛山を過ぎた頃には晴れ渡り、夏の強い日差しがジリジリと照りつける。高齢者の多い我がパーティ、山慣れぬ新入会員が参加していることもあり、Sリーダーはほぼ30分ごとに小休止をとっていた。

 この日の牧ノ戸ルートは多くの登山者であふれ、休息する場所を探すのに苦労するほどであった。

星生山

 10時45分に扇ヶ鼻分岐着。ここから星生山に取り付く。

星生山

 池頭(ちとう)が散在する取り付き点から、いきなり直登。

星生山

 岩場をよじ登り、ハシゴを乗り越え、高度を徐々に上げていく。

星生山

 縦走路に乗り上がると展望が開け、星生崎へと続く稜線とその右手に久住山のピラミダルな山容が望める。

星生崎と久住山

 さあ、ここからはお楽しみの稜線歩きだ。両側にどこまでも広がる大展望を楽しみながら、星生山頂に歩を進めていこう。

星生山

 途中、気分が悪くなるメンバーもいたが、11時31分。全員無事に山頂着。

星生山

 山頂で涼風に吹かれるメンバー。「やっぱり、くじゅうはいいねぇ!」と笑顔がのぞく。

星生山

 御池で昼食をとる予定だったが、ここで少し早めのランチに変更。

 さて、昼食後は久住分れまでの稜線散歩だ。

星生山

 振り返って来し方を眺めてみる。

星生山

 前方にはスリルあふれる岩場が待ち構えている。

星生山

 この青空はどうだ! 

星生山

 星生崎から急登を下り、久住分れの避難小屋をめざす。

星生山

 復路は、西千里ヶ浜の登山道をのんびりと歩いて帰るとしようか。
 大好きな星生崎の大岩峰に挨拶し、

星生山

 往路で歩いた星生山の稜線を眺めながら、牧ノ戸峠に向かう。

星生山

 15時17分、牧ノ戸峠着。メンバーの皆さん、売店のソフトクリームが自分へのごほうびだったようだ。

 

“Photoshop Elements” でパノラマ写真を合成する

 次の画像は、星生崎から久住分れ避難小屋に下る途中で撮影したもの。
 天狗ヶ城から久住山へ至るおなじみの山並みが鮮やかだ。

星生山

クリックすると大きくなります

 実はこれ、次の3枚の写真(A・B・C)を画像編集ソフトで合成したもの。

【写真A】天狗ヶ城と御池あたりの画像

星生山

【写真B】天狗ヶ城から久住山にいたる山並み

星生山

【写真C】久住山から久住高原へ延びる稜線

星生山

 画像編集ソフト”Photoshop Elements” を使い始め、やっと写真の合成ができるようになったという次第。

 広角レンズや重い三脚を持参せずとも、山頂で気軽にパン(=カメラの撮影方向を水平(左右)に動かすこと)して撮った写真を、1枚のパノラマ写真に合成できるのが楽しい。

 次は、星生山頂でのランチタイムの写真。左から三俣山、平治岳、大船山、中岳、天狗ヶ城、稲星山‥‥と、くじゅう連山の名峰を一望しながらのランチは、まことに格別である。これは4枚の写真を合成したもの。

星生山

 最後は、東千里ヶ浜から眺めた星生山の全景。左端の扇ヶ鼻分岐から取り付き、星生山頂から星生崎を経て久住分れへ伸びる山容。「今日はこの長い稜線を歩いたのだ」と思うと、それなりの感慨が湧いてこようというもの。これは写真5枚を合成。

星生山

 安いコンパクトデジカメでも、画像ソフトを使いこなせば、いろいろと面白い写真が楽しめそうだ。

 お泊まり山行は中止となり残念だが、久しぶりにくじゅうの風に吹かれ、パノラマ写真合成もできるようになって、満足の山行だった。

 「これを知る者は、これを好む者に如(し)かず。これを好む者は、これを楽しむ者に如(し)かず。」(論語)

 最強の上達法は、楽しむことに尽きるようだ。

 

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の星生山の山行レポートはこちら >
 扇ヶ鼻~星生山、驚愕の人出を避けマイナールートで紅葉散策 (1)
 扇ヶ鼻~星生山、驚愕の人出を避けマイナールートで紅葉散策 (2)
 扇ヶ鼻~星生山、驚愕の人出を避けマイナールートで紅葉散策 (3)
 中岳&星生山、久しぶりにくじゅうの秋を満喫

◆ 過去の山行レポートは、こちら 
  >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , ,

執筆者:

関連記事

立中山で草を背にする

坊がつるでテント泊‥‥酷暑の中、三俣山南峰直登ルートに挑む (3)

※ 本稿は2018年7月16日の山行記録を、8月2日にアップしたものです。 立中山(たっちゅうさん)へ朝駆け、高校生に元気をもらう この写真、立中山頂で、草を背にまどろむ同行者2名である。 くじゅうテ …

猪群山に干支登山、車をデポし周回コースを歩く

 所属している「アタック山の会」の1月定例山行は、恒例の干支(えと)登山。今年は亥年(いどし)なので、大分県豊後高田市の猪群山(いのむれやま・458m)に登った。

四国遠征レポート(4) 西赤石山、アケボノツツジの「花の滝」を堪能

 四国遠征3日目は、アケボノツツジの群落で知られる西赤石山(愛媛県)を歩く。斜面を彩るアケボノツツジの「花の滝」に目を奪われた山行だった。

平尾台、外来種駆除ボランティアに取り組む

 今日は平尾台でボランティア山行。所属するアタック山の会と平尾台自然観察センターが連携し、散策がてらセイタカアワダチソウの駆除に取り組もうという計画。

正面登山口からの由布岳

万緑の中、由布岳で一人山行を楽しむ

6月3日(日) ※ 本稿は2018年6月4日に書いた記事を、6月20日にアップしたものです。 目次1 本日のお題2 万緑の登山道と山頂付近のピンクの絨毯3 西峰北斜面のピンクの絨毯4 剣ヶ峰のナイフエ …


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 204650総閲覧数:
  • 293月別閲覧数:
  • 138865総訪問者数:
  • 217月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31