山行記録

大崩山の大岩峰に立つ (1) 天を突くわく塚の絶景

投稿日:2018年10月31日 更新日:

大崩山

天を突いてそびえ立つわく塚の大岩壁

※ 本稿は2018年10月26日~27日の山行記録を、10月31日にアップしたものです。

 九州最後の秘境と言われる大崩(おおくえ)山系、その大岩峰と紅葉を楽しもうと宮崎までやってきた。台風の影響で紅葉は期待を裏切られたが、わく塚の大展望を満喫した山行だった。

 

今回のお題とコース

 今回の山行のお題は

  1. 大崩山(おおくえやま、1,643m)大岩峰からの展望と紅葉を楽しむ。
  2. 難所が多く長時間のコースのため、無事故で下山する。
  3. 宿泊施設「コテージ大崩」の偵察

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。登山口でGPSソフトのスイッチを押し忘れ、大崩山荘を過ぎた地点でスイッチを入れたため、実際とはスタート地点が異なっている。

大崩山

上祝子登山口~わく塚分岐~袖ダキ展望台~下わく塚~中わく塚~上わく塚~リンドウの丘~坊主尾根~大崩山荘~上祝子登山口

活動時間(含む休憩時間) 9時間26分
活動距離 9.98km
高低差 1,023m
累積標高上り/下り 1,191m/1,213m
カロリー 不明

※ あちこちで展望を楽しみ、ゆっくり下山をしたため、活動時間は参考になりません。

 

祝子川キャンプ場に前泊する

 大崩山登山第一の課題は、登山口までのアクセスと前泊の手段であった。ナビが普及した現在では、自家用車で祝子川(ほうりがわ)登山口まで行くのはさほど困難ではなくなった。

 前泊の手段は、次の4つのいずれかを選択することになると思う。

  • 宿泊施設の利用
  • 避難小屋「大崩山荘」で小屋泊
  • 祝子川温泉「美人の湯」第二駐車場でのテント泊(許可が必要)
  • 登山口近くで車中泊

 本年5月の山行時には民宿「大崩の茶屋」に宿泊したが、今回は初めて「祝子川キャンプ場」のコテージを利用してみることにした。

 往路途中にある「道の駅中津」で地産の食材を購入し、13時30分頃にはキャンプ場着。写真のコテージ(4人用)を3人で利用する。

コテージ大崩

 中に入ると右側に二段ベッドが設置され、充分な就寝スペースが確保されている。トイレ、バス、キッチン、暖房(ファンヒーター)、ガスコンロ、炊飯器、調理器具(包丁、鍋、フライパン、やかん等)も常備されており、予約すれば布団(有料)も準備してくれるという。これはなかなか快適そうである。

コテージ大崩

 さっそく荷物をまとめ、早めに夕食の準備にとりかかる。グルメのB氏が包丁さばきも鮮やかにキッチンで下ごしらえを始める。なにせ就寝予定時間が20時なので、早めに夕食を終える必要がある、というのは半分口実。明るいうちからビールを飲むのが前泊山行の楽しみなのだ。

コテージ大崩

キッチンで腕をふるうB氏

 温泉は「祝子川温泉・美人の湯」(車で7~8分?)。澄んだ秋空の下、大崩山を眺めながら露天風呂でぬる目の湯に浸る。ゆっくり温泉を楽しみ、コテージに戻ったらさっそくビールで乾杯!

 まずは新鮮な刺身(サバ、イカ)に箸をつける。サバのお造りなんて、よっぽど新鮮な魚じゃないと味わえない。次は大分名産の生椎茸の網火焼き。じんわり焼けた椎茸に塩とカボスを振りかけ、かぶりつく。馬鹿話に興じながら、そのままだらだらと夕食に突入である。

 メインはハモしゃぶ鍋、ハモを食べ終えたら次は豚しゃぶとなる。美味いものを食べ、山歩きを楽しみ、温泉で汗を流す。この三者が混然と融和するところにお泊まり山行の真髄がある。

 不良おやじと不良じじい達は早々と酔いつぶれてしまい、20時までには全員轟沈であった。

生しいたけ

分厚い生しいたけを焼き、塩とカボスで食べる

 

登山口から袖ダキ展望台へ

 翌朝は5時に起床し、祝子川登山口には6時前着。登山道には「三里河原コース通行不可」の立看板が設置されている。どうやら先頃の台風24号、25号による倒木のためらしい。小生らがめざす「わく塚・坊主尾根コース」は通行可のようなので、そのまま進む。

大崩山

大崩山荘へ向かう登山道

 祝子川の左岸沿いの登山道を進み、大崩山荘を過ぎ、巨岩だらけの渡渉地点に着く。見上げると、小積ダキの岩峰が見える。空は雲一つない晴天である。「晴れて良かったなぁ」とうなづき合い、急流渦巻く祝子川を岩伝いに渡る。どなたか早く橋を架け直してくれないものか。

大崩山

祝子川渡渉点から見上げる小積ダキ

 対岸に渡り、深い原生林が生い茂る小積谷を赤テープを頼りにつめていく。しばらく歩き、人一人が通行できる狭い岩の割れ目を通り抜けると、急登が待ち構えている。次の地図中央の「●迷い注意」の表示辺りから「袖ダキ」までの詰まった等高線を見れば、かなりの急勾配であることがお分かりいただけるだろう。

大崩山(出典:「山旅クラブ」収録登山地図「宮崎_大崩山系大地図」より部分転載)

 急斜面の登りが実にきつい。木の根をつかみ、岩角をつかんで両手両足で這うようにして登っていく。拭っても拭っても汗がしたたり落ちる。いつものことだが、昨晩の深酒を反省することしきりである。

大崩山

 崖をロープやハシゴに頼って越え、展望のない急坂をひたすら登り続けると、袖ダキ展望所に到着である。

 ここから眼前に広がる小積ダケの大岩壁と、天を突くようにそびえるわく塚の岩峰群は、大崩山の最初の絶景である。初めてこの展望を目にした者は、みな言葉を失ってしまう。「凄い!」としか表現のしようがないほどの圧倒的な迫力である。

大崩山

 自然が造り出した造形の妙としか言いようがない。これに紅葉の彩りが加わったら、どんなに美しいだろう。残念ながら紅葉は期待したほどではなかった。

 「今年のような台風が多い年は、葉が風で擦れて傷み、発色不足になることがある」らしい。そばにいたベテランとおぼしき人によれば「過去最高の外れ年」とのこと。

 
大崩山

眺めているうちに、登高意欲がわき上がってくる

 いつまでも見飽きることのない光景だが、先は長い。再びザックを背負い、あの岩峰をめざして出発としよう。

※ 本稿の続きはこちら >秘境・大崩山の大岩峰に立つ (2) 大展望と恐怖の坊主尾根

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , ,

執筆者:


  1. […] ※ 前回の記事はこちら >大崩山の大岩峰に立つ (1) 天を突くわく塚の絶景 […]

関連記事

涌蓋山頂からの展望

涌蓋山、草原歩きと360度の大展望を楽しむ

本日(9月23日)は、所属している「アタック山の会」例会山行日である。歩くのは、大分県の涌蓋山(わいたさん・1,500m)。

 くじゅう山群の西端に位置する独立峰で、日本三百名山。くじゅう連山の各ピークに登頂すると、その北西方向に円錐形の美しい姿を見せてくれるのが涌蓋山である。

右田ヶ岳、花崗岩をまとった低山を歩く

 新年度がスタートして早や2週間余り。人事異動に伴う新しい職場環境や、年度当初の業務立ち上げ等でお疲れのことだろうと、お察しする次第。こんな時は外に出かけて汗をかき、展望のよい場所でまったりするに限る。久しぶりに山口県防府市の右田ヶ岳(426m)で気分転換とストレス解消に出かけることにした。

四国遠征レポート(4) 西赤石山、アケボノツツジの「花の滝」を堪能

 四国遠征3日目は、アケボノツツジの群落で知られる西赤石山(愛媛県)を歩く。斜面を彩るアケボノツツジの「花の滝」に目を奪われた山行だった。

猪群山に干支登山、車をデポし周回コースを歩く

 所属している「アタック山の会」の1月定例山行は、恒例の干支(えと)登山。今年は亥年(いどし)なので、大分県豊後高田市の猪群山(いのむれやま・458m)に登った。

四国遠征山行レポート(2) 剣山登山口の見ノ越に向かう

 5月1日。四国遠征初日は、剣山登山口の見ノ越までの移動日だ。今回は高速道路の渋滞を避け、四国までフェリーで渡ることにした。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 15209総閲覧数:
  • 1558月別閲覧数:
  • 9714総訪問者数:
  • 1036月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031