山行記録

仰烏帽子山、春を告げる福寿草に会う (1)

投稿日:2019年2月13日 更新日:

福寿草(フクジュソウ)

春を告げる福寿草(フクジュソウ)

※ 本稿は2019年2月9日~10日の山行記録を、2月13日にアップしたものです。

 春を告げる花、福寿草(ふくじゅそう)。いつかはその可憐な姿をこの目で見たいと思っていたが、やっと念願がかなった。

 

今回のお題とコース

 今回の山行のお題は

  1. 南阿蘇外輪山の俵山(たわらやま・1095m)で阿蘇の大展望を楽しみ、五木村で前泊する。
  2. 熊本県・仰烏帽子山(のけえぼしやま・1301m)で福寿草を観賞する。
  3. 山歩き、温泉、飲み会と三拍子揃った「極楽プラン」を堪能する。

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。
仰烏帽子山

08:25 元井谷第2登山口~09:57 仏石~椎葉谷登山口分岐~(斜めの滝)~11:16 展望台~11:30-11:47 仰烏帽子山(1301m) ~11:55-12:30 兎群石山(1186m)~元井谷登山口分岐~13:22-13:36 仏石~14:42 第2登山口

参加メンバー:3名(B氏、N氏、がしん)

活動時間(含む休憩時間) 6時間22分
活動距離 9.59km
高低差 350m
累積標高上り/下り 986m/1,008m
カロリー 3,160kcal

 

俵山(たわらやま)で足慣らし後、五木村で前泊

 2月9日~11日の3連休。今季最強の寒気が日本列島に流れ込み、北海道はマイナス20度超の記録的な寒さ、東京は大雪との予報である。
 小生はと言えば、山行前日(2月8日)まで風邪で3日間寝込む、というコンディションでの遠征初日となった。

 1泊2日の遠征プランは、初日に南阿蘇外輪山の俵山で足慣らし後、熊本県五木村の民宿で前泊。2日目に仰烏帽子山で、お目当ての福寿草を観賞しようというもの。

俵山 この画像は、2月9日(土)10時54分の俵山山頂の様子である。あたり一面ガスに覆われ、期待した阿蘇の大展望はおあずけ。凍り付くような寒さと風に震えながらの山行であった。

 ともあれ何とか足慣らしはできたし、心配した体調も悪くはない。直ちに下山し、駐車場で昼食後に五木村に向かう。

五木温泉 夢唄

 五木村では、五木温泉「夢唄」で冷えた体を温め、某民宿の女将さん手作りの料理(鹿肉、シシ肉、ヤマメ、山菜、豆腐の味噌漬け等々)を堪能。とても食べきれないほどである。

五木村 民宿

ずらりと並んだ手作りの料理、これにシシ鍋が加わり、食べきれないほどだ。

 

元井谷第2登山口から仰烏帽子山へ

 2月10日、天気予報は晴れ。昨日の寒気もゆるむようで、期待は高まるばかり。

 事前情報では、元井谷の第1登山口は駐車数も限られ、山頂までのルートも荒れているとのこと。それに比べ第2登山口は普通車20台、大型バス用2台の駐車場が造られ、簡易トイレ有り。登山口の標高が高いため、仰烏帽子山まで比較的楽に登れるようだ。

 8時少し前に登山口着。準備を整えている間も次々に車が到着し、我々が出発する頃にはほぼ埋まりかけていた。

仰烏帽子山

 登山道入口には「福寿草群生地まで50分」という丁寧な案内板が設置されている。ここから山頂までは標高差約200m、片道2時間足らずで登頂できるお手軽コースとなっている。

仰烏帽子山 元井谷第2登山口

 登山道に歩を進めると、遊歩道のような緩やかな登りが続いている。

仰烏帽子山

 道の両側にはそこここに霜柱が残っており、今朝はかなり冷え込んだことが分かる。

仰烏帽子山 霜柱

 高度を上げると、霧氷が目につくようになる。
 仰烏帽子山 霧氷

 登山口から45分ほどで「仏石・山頂分岐」に出合う。右は直接山頂へ向かう道。左は福寿草群生地を経由し、山頂へ向かう道となる。ほとんどの登山者は右を選択している。理由は「福寿草は太陽が当たって開花するので、(充分に開花する)下山時に群生地を歩く予定」とのこと。

クリックすると拡大します。

 一方、小生らは左の仏石方面の道を選択。理由は二つ、開花前の福寿草を見たかったのと、仏石から「斜めの滝」ルートで山頂をめざす予定だからだ。

 まずは群生地を歩きながら、目を皿のようにして開花前の福寿草を探す。なかなか見つからない。しばらくすると、やっとそれらしきつぼみを発見。開き始めたつぼみもいくつかあるようだ。

福寿草 仰烏帽子山

 日当たりのよい斜面では、開花しかけた花も見られるようになる。

福寿草 仰烏帽子山

 帰路に満開の福寿草に出会えることを期待し、2番目の仏石・山頂分岐をそのまま直進する。これから先は約150m下った後に、谷をつめながら約350m登り返すルートである。登山口と山頂の往復だけでは単調なので、あえて周回ルートを歩こうと考えた次第。

 このルートを歩く登山者はあまりいないようで、道が荒れており、踏み跡を探しながらの歩きとなった。道を見失いそうになる都度、周囲を見回し何度も赤テープを探す。初心者の方は避けた方がよいと思う。
 きつい登りで汗がしたたり落ちるが、青空が広がり陽光を浴びると、元気が湧き気分も高揚してくる。

仰烏帽子山

 最低鞍部から約50分登り続けて展望台に到着。汗をぬぐいながら周囲の眺望をしばし楽しむ。山のふところの深さがよく分かる。

仰烏帽子山

展望台で汗を拭う。好天と展望に恵まれ、爽快な気分。

仰烏帽子山

仰烏帽子山頂までの気持ちのいい縦走路

 展望台から山頂までの気持ちのよい稜線歩きを楽しみ、山頂に着いたのが11時30分。狭い山頂は登山者で溢れ、記念写真の順番待ち状態であった。

 展望もなかなかのもので、遠く西の方角に雲仙普賢岳、東には市房山と思われる山容も確認できる。

仰烏帽子山

雲仙普賢岳

※ 本記事の続きはこちら >仰烏帽子山、春を告げる福寿草に会う (2)

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , ,

執筆者:


  1. […] ※ 前回の記事はこちら >仰烏帽子山、春を告げる福寿草に会う (1) […]

関連記事

錦繍のくじゅう連山を歩く(1) 燃える三俣山

 くじゅう連山の定番紅葉スポットは、三俣山お鉢巡りと大船山御池(みいけ)。この2座を1泊2日で歩くことにした。絶好の秋晴れに恵まれ、息をのむ錦繍(きんしゅう)の彩りを堪能することができた。

仰烏帽子山、春を告げる福寿草に会う (2)

 山行最後の締めは福寿草である。群生地に続く岩場を下っていくと、人だかりが見える。どうも福寿草を撮影している登山者たちのようだ。目をこらしてよく見ると、あちらにもこちらにも黄金色の福寿草がそろい咲きである。

四国遠征から帰って来ました!

 新天皇陛下即位で奉祝ムード一杯の 5/1~5/5 の5日間、四国の剣山(徳島県)、西赤石山(愛媛県)、石鎚山(愛媛県)の3座に登り、昨日帰宅しました。

猟師山、「森の貴婦人」オオヤマレンゲに会いに行く。

 いつも拝見しているサイト「ようこそ九重連山」の6月16日付記事で、猟師山のオオヤマレンゲが紹介されていた。花のピークは後数日のようである。その清楚で上品な画像を見ているうちに、無性に会いたくなってきた。

涌蓋山頂からの展望

涌蓋山、草原歩きと360度の大展望を楽しむ

本日(9月23日)は、所属している「アタック山の会」例会山行日である。歩くのは、大分県の涌蓋山(わいたさん・1,500m)。

 くじゅう山群の西端に位置する独立峰で、日本三百名山。くじゅう連山の各ピークに登頂すると、その北西方向に円錐形の美しい姿を見せてくれるのが涌蓋山である。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 15105総閲覧数:
  • 1454月別閲覧数:
  • 9643総訪問者数:
  • 965月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031