山行記録

三俣山、南峰直登ルートの容赦のなさ

投稿日:2019年9月19日 更新日:

 
花しづく アキノキリンソウ

霧中に輝く花しづく

 くじゅう連山三俣山(みまたやま・1,745m)に咲くリンドウを見たくなった。坊がつるから三俣山南峰への直登ルート、この急登を未だ下っていないことにも気づいた。このルート、登りで2回歩いたことはあるが、下りに使ったことはない。

 秋の花を楽しみながら、南峰直登ルートを下ってみることにした。

※ 南峰直登ルート、登りの記録はこちら >坊がつるでテント泊‥‥酷暑の中、三俣山南峰直登ルートに挑む (2)

※ 本稿は2019年9月14日の山行記録を、9月19 日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。三俣山山行軌跡図

08:11 長者原~ 09:50-10:02 スガモリ越~10:23-10:38 三俣山西峰~10:51-11:07 Ⅳ峰~11:06-12:14 南峰~13:25 坊がつる~14:03雨ヶ池~15:24 長者原

参加メンバー:4人(B氏、N氏、S氏、がしん)

活動時間(含む休憩時間) 7時間13分
活動距離 11.4km
高低差 732m
累積標高 上り/下り 1,295m/1,274m
消費カロリー 3,647kcal

 

長者原から三俣山南峰へ

 9月14日(土)、三連休の初日である。天気は全国的に晴れ、わくわくしながら長者原に着いたのが8時頃。三俣山を見上げると‥‥、山頂一帯に厚いガスが立ちこめている。

くじゅう連山 三俣山

 まぁ、そのうち晴れることだろうと、すっかり秋の気配が漂う登山道をのんびり歩き始める。

くじゅう連山

 しかし、スガモリ越が近づくにつれ、周囲はガスに包まれ視界は悪くなるばかり。晴天なら広々とした飯田高原を背に、左に三俣山、正面に硫黄山の展望が楽しめるはずなのだが‥‥。

くじゅう連山 三俣山

 スガモリ越もこの通り、三俣山の山容さえ定かではない。「日頃の行いがよほど悪いヤツがいるんだろうなぁ。」と毒づきたくもなるが、止めておく。

くじゅう連山 スガモリ越

 あるがままの自然を受け入れるのが山歩き。霧に包まれた登りもまた一興、山頂台地に咲く花を楽しみに、西峰をめざすとしよう。

くじゅう連山 三俣山

 西峰山頂では、リンドウの花が出迎えてくれた。陽光を受けていないので、開花した花は少なかったが、心いやされるひとときだ。 リンドウの花 くじゅう連山 三俣山

リンドウの花 くじゅう連山 三俣山

 アキノキリンソウも霧のしずくを身にまとい、鮮やかな色を見せてくれる。

アキノキリンソウ くじゅう連山 三俣山

 何てきれいなんだろう。そこにもここにも、雫をまとった花が霧中にたたずんでいる。

花しづく アキノキリンソウ

 西峰山頂で花の撮影に夢中になっているうちに、霧で方向を見失ってしまう。いつもは風景を頼りに南峰をめざしていたのだが、今日はそれはかなわない。

 地図とコンパスを取り出すのも面倒なので、スマホのGPSソフトで現在地を確認。すぐにⅣ峰~南峰へ向かうルートを発見。便利な時代になったものだ。

 南峰着が11時6分、長者原から3時間近くの歩きで、腹ぺこである。S氏恒例の焼きソーセージに舌鼓を打ち、のんびりランチを楽しむことにした。

焼きソーセージ

 

南峰直登ルートのえげつない下り

 さて、南峰から坊がつるまでの直下降ルートである。昼食中に南峰直登ルートを登ってきた登山者2名と遭遇。これから下ることを伝えると、「かなり滑りますよ。気をつけてください!」とのアドバイス。

 次の地図をご覧いただくと、南峰から坊がつるまで標高差500m余りを真っ直ぐに下降するルートがお分かりと思う。

三俣山登山地図(出典:「山旅クラブ」収録登山地図「_広域_九重_山系」)

 下り始めると、「坊がつるへ1H10分(若者)」と記されたサインを発見。若者で1時間10分なら、前期高齢者の小生はどれくらいかかるのだろうと、少しばかり不安になる。

くじゅう連山 三俣山 南峰直登ルート

 岩場あり、ロープあり、滑る足場ありの「えげつない」下りがこれでもかと続く。両手両足をフルに使わないと歩けない厳しい道だ。

くじゅう連山 三俣山 南峰直登ルート

写真では大した下りには見えないが……

三俣山南峰直下降ルートの容赦のなさ

実際はこんな下りがこれでもかと続く。

 下りの写真はあまりない。両手で枝や岩やロープ等を常に確保しないと危険なので、カメラを取り出す余裕がないのだ。たまたま見つけたビューポイントに立つと、霧が晴れ始め、坊がつる湿原が姿を見せ始める。テントも10張りほど目に入る。なかなかの高度感だ。

三俣山南峰直下から見た坊がつる

三俣山南峰直下で、ガスの切れ目から姿を表した坊がつる。

 気が抜けない下山に神経を使うこと1時間余り、気づけば坊がつるの掲示板が目に入ってきた。先行した3人がゆっくり休憩中である。

坊がつる 九州自然歩道案内板

 振り返ると、取付点と三俣山南峰が青空に浮かんでいる。あの山頂からほぼまっすぐ降りてきたのかと、少しばかり感慨にふける。山頂からの下山タイムは1時間11分。もう少しで「若者」の仲間に入れてもらえたのだが……。先行する3人が1時間10分を切っていたのは、言うまでもない。

くじゅう連山 三俣山 南峰直登ルート

坊がつるから仰ぐ三俣山

ガスも消え、秋空を背景にそびえる三俣山

 坊がつるまでの下りでエネルギーを使い果たした小生、長者原までの雨ヶ池越えはへろへろ歩きであった。大腿二頭筋(太ももの裏側)が震える体験は久しぶり。トレーニング不足を痛感した次第。

 雨ヶ池越では、咲き残っていたマツムシソウから元気をもらう。

雨ヶ池のマツムシソウ

 長者原へもどる復路では、多くの登山者と行き違った。かなりの方々がテント泊装備である。今夜の坊がつるは、相当な数のテントが林立することだろう。坊がつるをめざす登山者

 クタクタ、へろへろ状態で辿り着いたタデ原湿原、オニユリが一輪だけ咲いていた。「お疲れ様」とばかりに迎えてくれた姿が、疲れた心身をいやしてくれる。

タデ原湿原のオニユリ

 下山後は「花山酔」で入浴し、帰路につく。B氏はこれから阿蘇方面に向かい、道の駅「あそ望の郷(あそぼうのさと)くぎの」で車中泊とのこと。

 霧に悩まされながらも、秋の花々を愛で、三俣山南峰直登ルートを初めて下り、最後は秋晴れの三俣山までも眺めることができた。楽しかった一日に感謝!

 

◆「山行記録」の関連記事はこちら >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク 

-山行記録
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

くじゅうの黒岳で「陽だまりハイク」を楽しむ

 山友のS氏から「どこか行きませんか」とのリクエストを受けていた。今年は紅葉の時期が早く、すでにピークは1,000m以下の山に移っている。くじゅう黒岳山ろくの男池周辺ならまだ紅葉が残っているだろうと考え、出かけることにした。

四国遠征レポート(3) 剣山、「昼寝を誘われるような」広々とした山頂

 2019年5月2日、四国遠征2日目。今日は剣山から次郎笈(じろうぎゅう)に縦走し、大劔神社を参拝するルートを歩く。

古処山奥ノ院ルート

古処山(こしょさん)奥ノ院ルートを初めて歩く

 毎月第4日曜日は、所属している山の会の例会山行日である。今日(8月26日)歩くのは、古処山の奥ノ院ルート。小生はまだ足を踏み入れていないルートなので、興味津々というところである。 目次1 本日のお題 …

大崩山の大岩峰に立つ (1) 天を突くわく塚の絶景

 九州最後の秘境と言われる大崩山系、その大岩峰と紅葉を楽しもうと宮崎までやってきた。台風の影響で紅葉は期待を裏切られたが、わく塚の大展望を満喫した山行だった。

由布岳の紅葉を静かに味わう

 グループ山行が続くと、ぶらぶら一人歩きがしたくなる。由布岳の山ろくあたりはまだ紅葉が残っているはずだ。紅葉シーズンさなかの賑わいの中、静かな山行を楽しむための作戦を立てることにした。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 26045総閲覧数:
  • 2082月別閲覧数:
  • 17236総訪問者数:
  • 1359月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031