山行記録

福智山、春を告げるミツマタが開花!

投稿日:2023年3月13日 更新日:

福智山 ミツマタの花

今年も可憐な花を堪能!

 ぼちぼち福智山のミツマタが咲き始める頃だ。なじみの山友に「見に行かんかね」と声をかけると、全員参加とのこと。以前から「ミツマタが咲く頃には、ぜひ同行させて」と頼まれていたH嬢も加わり、「不良高齢者3人+おっさん1人」に紅一点(計5人)という、変わったパーティが出来上がった。

※ 本稿は2023年3月11日の山行記録を、3月13日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要

0830 九州自然歩道登山口 ~ ミツマタ群生地~ ホッテ谷分れ ~ 1.8のコル ~ 福智平 ~ 鈴ヶ岩屋 ~ 福智平 ~ 福智山頂 ~ 烏落ち~(ホッテ谷新道)~ ミツマタ群生地 ~ ホッテ谷分れ ~ 1430 登山口

※ 参加メンバー:5名(S氏、B氏、N氏、H嬢、がしん)

※ 具体的な登山コースや、ミツマタ群生地の位置については、過去の山行記事をご覧いただきたい。今回はミツマタの開花状況の報告を含めた山行メモとご承知いただきたい。
 >福智山、春を告げるミツマタの花を堪能
 >福智山、春を告げるミツマタの花に遭遇 
 >福智山、ミツマタの花に会いに行く

 

写真中心の山行メモ

  鱒淵ダム堰堤を午前8時過ぎに出発。ダム湖の赤吊り橋が全面通行止めのため、ダム湖左岸をテクテク歩いて登山口へ。

福智山

 ダム湖周回道路から仰ぎ見る福智山頂。今日はいいお天気なので、登山者が多いだろうなぁ。

福智山

 ダム堰堤から約30分歩き、やっと九州自然歩道登山口着。ここから15分余りでミツマタの群生地だ。おぅ、咲いているじゃないか!

福智山 ミツマタの花

 6、7分程度の開花とみたが、日当たりのよい株は満開に近い。我々の他には誰もいないので、独占撮影会の始まりだ。

福智山 ミツマタの花

 ここぞとばかりシャッターを押し続ける。

福智山 ミツマタの花

 可憐な花に顔を近づけると、甘い微香がただよう。いいねぇ!

福智山 ミツマタの花

 気にいった株を見つけたら心ゆくまで撮りまくる。

福智山 ミツマタの花

 あと4、5日もしたら向こうまで続くミツマタのトンネルが出来ることだろう。

福智山 ミツマタの花

2021年3月15日撮影

 たっぷりと花を堪能し、稜線をめざして淡々と登り続ける。

福智山

 福智平が近づくにつれ常緑樹の森が冬枯れの木立に変わっていく。ここでは春はまだ遠いようだ。

福智山

 途中、福智平の小ピーク「鈴ヶ岩屋」に立ち寄り、山頂を仰ぎ見る。行動食をほおばりながら、眺望を楽しむ。

福智山

 11時41分、山頂着。いつもより1時間ほど遅いのんびり登山である。登山者がいっぱいの山頂では、温度計は18℃をさしていた。

福智山

 昼食場所を譲ってくださったシニア女性、「昨日のWBC、スカッとした~っ! K国はコテンコテンよ」と鼻息が荒い。「同感です」と相槌を打つと、「はよう、こっちに座りんしゃい」とこれ以上ないほどの笑顔である。

 黄砂とPM2.5のため展望は芳しくないが、暖かい日差しを浴びながらのまったりランチは格別である。

 H嬢が福智山は初めてというので、恒例の(?)通過儀礼を行うことした。山頂近くの恐怖の(?)大岩でポーズを決めるのだ。

福智山

 この方、どうやら高所はお好きなようである。

福智山

 

 各人がそれぞれ岩の上に立ち、ポーズを決める。最後はB氏の「哀愁の後ろ姿(?)」で締め、烏落ちをめざす。

福智山

 下山は<烏落ち~ホッテ谷新道~ホッテ谷分れ>をたどり、再びミツマタ群生地へ。たっぷりとお日様を浴びたミツマタは、午前よりもさらに開花が進んでいるようだ。これは、もう一度撮影せねばなるまい。

福智山 ミツマタの花

 一眼レフを持ってくれば良かった‥‥。

福智山 ミツマタの花

 花に囲まれ、日頃の憂さをしばし忘れる。

福智山 ミツマタの花

 名残惜しいが、満開のミツマタに別れを告げ登山口へと向かう。

福智山 ミツマタの花

 登山口からダム堰堤までの30分歩きはまことに長い。馬鹿話をしながら「テレテレ」と歩くしかない。

福智山

 15時10分、ダム堰堤着。ダム堰堤から登山口までの歩きを入れると、山行時間は7時間弱。好天と4月中旬並みの暖かさに恵まれ、花と山歩きを満喫した11日だった。

 帰宅して一風呂浴び、ビールを飲んでいるうちにいつの間にか爆睡。WBCのチェコ戦を見損なってしまった。

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の山行レポートは、こちら 
  >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, ,

執筆者:

関連記事

三俣山、今年も大鍋・小鍋の紅葉を満喫

 毎年10月20日前後の週末は、くじゅう紅葉山行と決めている。「今年は暖かいので、紅葉が1週間ほど遅いみたいですよ。」前泊した若葉荘の女将さんの第一声だ。いささか気落ちはしたが、運を天に任せ、ともかく三俣山に向かうことにした。

根子岳東峰、大戸尾根ルートで紅葉を楽しむ

 南阿蘇山行のお目当ては、阿蘇・根子岳の紅葉観賞。今回は「大戸尾根コース」で根子岳東峰(1408m)をめざすことにした。

御前岳~釈迦岳、新緑に染まる縦走路を歩く

 所属するアタック山の会の5月定例山行は、御前岳~釈迦岳縦走。福岡県の標高1位と2位の山頂をつなぐ縦走路を歩き、たっぷりと新緑を味わおうというプランのようだ。

北大船山、咲き誇るミヤマキリシマを堪能!

 尺取り虫がミヤマキリシマの花芽や葉を食い荒らし、あちこちから登山者の失望の声が聞こえる今年のくじゅう連山。せめて一度は美しく咲き誇るミヤマが見たいと、山開き翌日の6月5日(月)に北大船山に出かけてきた。

岳滅鬼山、深倉園地から紅葉きらめく峰入り古道を周回

 本日は所属するアタック山の会の臨時山行、山は岳滅鬼山。急登、やせ尾根、ハシゴ、ロープを使った岩場昇降等が楽しめる山で、月例山行では少し物足りないメンバー対象のコース設定。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 310586総閲覧数:
  • 1432月別閲覧数:
  • 217234総訪問者数:
  • 1003月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930