山行記録

平治岳、ミヤマキリシマの開花状況を偵察に

投稿日:2021年5月30日 更新日:

平治岳のミヤマキリシマ

平治岳のミヤマキリシマ(2021年5月28日)

 5月末から6月上旬にかけてのくじゅう連山、週末はミヤマキリシマ目当ての登山者で溢れかえり、大混雑となる。密を避けるため、平日にミヤマキリシマの開花確認に出かけることにした。行く先は平治岳(1,643m)である。

※ 本稿は2021年5月28日の山行記録を、5月30日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。山行軌跡図(平治岳)

08:52 男池 ~ 09:30 かくし水 ~ 10:00 ソババッケ~ 11:30-11:38 大戸越 ~ 11:52 平治岳南峰 ~ 12:17-13:11 平治岳北峰 ~ 南峰 ~ 13:41-13:46 大戸越 ~ ソババッケ ~ かくし水 ~ 15:41 男池

※ 参加メンバー:単独(がしん)

活動時間(含む休憩時間) 6時間49分
活動距離 8.1km
累積標高上り/下り 890m/889m
カロリー 3,532kcal

 

写真中心の山行メモ

土石流の被害の大きさ

男池園地

男池の原生林の緑

 今回は吉部登山口ではなく、久しぶりに男池登山口からの入山。
 ソババッケ(1097m)から大戸越(うとんごし・1460m)を経由して、平治岳を目指すコースを選択。
 理由は昨年7月の豪雨被害により、一時は通行不能となっていた登山道の復旧状態を確認するため。

 男池園地入口で清掃協力金を払い、新緑が美しい原生林の森をゆっくりと歩き始める。
「おはようございます!」と大きな声で追い抜いていく若者4人組。

男池園地

 10分ほど歩くと、さっそく登山道崩壊現場に遭遇!

男池~大戸越の登山道崩壊

 随所に土砂の浸食や地割れが目につくようになる。地割れの大きなものは、深さ3メートル近くにもなりそうだ。

男池~大戸越の登山道崩壊

 噂には聞いていたものの、実際に歩いてみると予想以上の悲惨な現場が続く。
 かくし水周辺もこの有様。手前にあった金網のフェンスは影も形もない。

男池~大戸越の登山道崩壊

 以前と少し離れた位置に竹樋が設置され、水場の体裁をかろうじて保っている。

かくし水

 ソババッケに向かう道も岩ゴロの土石流で埋まっている。道が消えている所は、要所に結ばれているテープが目印だ。

男池~大戸越の登山道崩壊

 登山口から約1時間でソババッケ着。ここでは流れ込んだ土砂が厚く埋積し、一面茶褐色の泥に覆われた状態。

ソババッケ

 道標の下部の文字が読めないほどの厚さに堆積した土砂。土の厚さは20cmほどだろうか。

ソババッケ
 登山靴が泥に埋まりそうなので、踏み跡をたどり大戸越をめざし右をとる。

 ソババッケから大戸越までの登りは、さらに無残な状態だった。
 大規模な土石流が流れ込み、旧登山道はほとんど破壊されている。

男池~大戸越の登山道崩壊

 谷を埋め尽くす岩、岩、岩‥‥。これだけ大量の岩石が流れ落ちてくる様子は想像もできない。牙をむいた自然の恐ろしさが伝わってくる。

男池~大戸越の登山道崩壊

 テープに導かれて岩を乗り越え、倒木の下をくぐり、巨岩の間を縫うようにして登っていく。歩きにくいことこの上ない。

男池~大戸越の登山道崩壊

 おまけに展望のきかない樹林帯の登りとあって、モチベーションも上がらない。おのずと小休止の回数が多くなる。
 やっとクロボク土に覆われた登山道が表れた時は、さすがにホッとした。大戸越はまもなくだ。

平治岳

 この日初めて目にしたミヤマキリシマ、鮮やかなピンクの花弁で登りの疲れがいやされるようだ。

平治岳のミヤマキリシマ

 11時30分過ぎ、やっとのことで大戸越着。ソババッケから標準タイム1時間のところ、30分のオーバータイム。
 展望の広がる開放的な広場で汗をぬぐい、腰を降ろして一息つく。

大戸越

やっと大戸越(うとんごし)に着いた!

 

平治岳の開花状況は?

平治岳のミヤマキリシマ

 さて、肝心のミヤマキリシマの開花状況である。ここから先はあくまで小生の主観的判断なので、その旨ご了解いただきたい。

 大戸越から見上げた平治岳南峰の南斜面を見るところ、5分咲きというところだろうか。ピークは1週間後ぐらいとみた。

 今を盛りと咲き誇る株もあるのだが、

平治岳のミヤマキリシマ

平治岳のミヤマキリシマ

 全体的には未だ開ききっていない株の方が多い。

平治岳のミヤマキリシマ

 昨年の写真と比べてみると、ご覧のとおりである。

平治岳のミヤマキリシマ

2021年5月28日撮影

平治岳のミヤマキリシマ

2020年6月5日撮影

 北峰山頂から西へ延びる尾根を比較してみると‥‥、

平治岳のミヤマキリシマ

2021年5月28日撮影

平治岳のミヤマキリシマ

2020年6月5日撮影

 まだまだ花の量が少ないのがお分かりであろう。ピークは次の週末(6月5日、6日)あたりだろうか? 
 来週は人であふれ返る平治岳となることだろう。コロナ禍もあるため、三密には十分な注意が必要だろう。

 今回気になったのは、尺取り虫に葉もつぼみも食い尽くされ、白骨化した株がかなり目立つこと。

平治岳のミヤマキリシマ

 広範囲に白骨化した株が、やけに目立つのだ。全体の2割くらいの面積になるだろうか? 

平治岳のミヤマキリシマ

 この数年、尺取り虫の食害は見られなかったので、かなり気になる。このまま開花が順調に進んでくれれば、と願いつつ下山することにした。

男池園地のルーティン

 男池園地に下山した時のルーティン(決まり事)は二つある。
 一つは、園内のご神木(?)2本への挨拶。

男池園地

岩をつかむオヒョウノ木

 岩をつかむオヒョウの木の近くには、岩を抱き込むケヤキの巨木。

男池園地

すぐ近くには岩を抱き込むケヤキが

 もう一つは、日本名水百選に選ばれた湧水で水を汲むこと。今夜はこれで焼酎の水割りを楽しむとしよう。

男池園地

 男池到着が15時41分。汗臭いウェアを素早く着替え、すぐに帰路につく。今日はソロ山行のため、日没前に山道の運転を終えたいのだ。

 帰路、道の駅「豊前おこしかけ」で20分ほど仮眠。
 夕方の混雑がおさまった頃に再出発し、渋滞に遭うこともなく無事に帰宅。

 今日も楽しい山行ができて、感謝、感謝。

※ くじゅう連山、ミヤマキリシマに関する過去記事

※ 過去の山行記事

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の山行レポートは、こちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , ,

執筆者:


関連記事

福智山

福智山で初山行の思い出がよみがえる

 本日(10月12日)は、トレーニングがてら福智山(ふくちさん・901m)を一人歩きすることにした。明後日に英彦山を歩く予定なので、足慣らしも兼ねてのぶらぶら歩きである。福智山頂直下の「福智平」で、山歩きを始めたばかりの50歳の時(15年前)の記憶がよみがえってきた。

扇ヶ鼻~星生山、驚愕の人出を避けマイナールートで紅葉散策 (1)

 紅葉のピークを迎え、驚愕の人出が予想されるくじゅう連山。確実に駐車場を確保でき、静かな山行が楽しめるマイナールートを歩いてきた。

英彦山 四王寺の滝

英彦山、四王寺の氷瀑から厳寒の南岳へ

 今季最強の寒波が日本列島を覆い尽くした1月の3連休(9日~11日)。B氏から「英彦山の四王寺の滝を見にいきませんか」とのお誘いの声がかかった。

三俣山、今年も大鍋・小鍋の紅葉を満喫

 毎年10月20日前後の週末は、くじゅう紅葉山行と決めている。「今年は暖かいので、紅葉が1週間ほど遅いみたいですよ。」前泊した若葉荘の女将さんの第一声だ。いささか気落ちはしたが、運を天に任せ、ともかく三俣山に向かうことにした。

黒岳 くじゅう連山

黒岳、長時間の雨中山行でずぶ濡れとなる。

 8月24日は所属する「アタック山の会」の定例山行日。今月はくじゅう連山の黒岳(高塚山)登頂後に山ろくを周回し、黒嶽荘宿泊というお泊まり山行の予定だった。しかし降り続く雨に打たれ、途中撤退を余儀なくされてしまった。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 113322総閲覧数:
  • 2996月別閲覧数:
  • 73738総訪問者数:
  • 2276月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930