山行記録

四国遠征山行レポート(2) 剣山登山口の見ノ越に向かう

投稿日:2019年5月9日 更新日:

国道九四フェリー「速なみ」

国道九四フェリー「速なみ」、船首開口部を上げていた。

※ 前回の記事はこちら >四国遠征山行レポート(1) 10連休にどこに出かけるか?

※ 本稿は2019年5月1日の山行記録を、5月9 日にアップしたものです。

 

5月1日、北九州から見ノ越(剣山登山口)へ移動する

国道九四フェリーで四国に渡る。

 どのようなルートを選択するかで差はあるが、北九州市から剣山(徳島県)登山口の見ノ越までは約450km~500kmの距離を走ることになる。時間にして約7時間~8時間、九州から剣山はあまりに遠い。海を隔てているため、心理的な距離感はさらに増す。10連休で四国の山を巡る機会でもなければ、とても訪れようとは思わなかったろう。

 前回の「四国遠征山行レポート(1) 10連休にどこに出かけるか?」でも記したが、今回は高速道路の渋滞を避けるため、フェリーを利用することにした。佐賀関港(大分県)と三崎港(愛媛県)を結ぶ国道九四フェリーである。

九州から四国までのルート

往路のルート。距離447 km 時間7時間57分と表示されていた。(出典:Google Map)

 北九州から佐賀関港まで約150kmを走り、8時発のフェリーに乗船する。船内は椅子席だけでなく、写真のように横になってくつろぐスペースも用意されている。四国まで1時間10分、横になって仮眠をとることもできるし、天気が良ければデッキから海を眺めてもよい。気分転換と休息には最適だった。九四フェリーの船内

 三崎港から松山自動車道伊予ICまでの一般道も交通量が少なく、海を眺めながらの快適なドライブを楽しむことができた。徳島自動車道美馬ICを降り、スーパーで食料を購入し、15時30分過ぎに見ノ越登山口に到着。若干の渋滞には遭遇したが、おおむね順調な往路だった。

 

見ノ越登山口から西島野営場へ

見ノ越の剣山情報センターと駐車場、リフトのりば

見ノ越の剣山自然情報センターと駐車場、リフトのりば

 見ノ越登山口(標高1,420m)には「剣山自然情報センター」、屋根付きの駐車場(無料)やリフト乗り場が整備され、あたりには民宿や食事ができる土産物屋も数軒ある。

 ここから標高差約300mの西島野営場まで、足慣らしも兼ねゆっくり登ることにする。久しぶりのテント泊装備がずっしり肩に食い込む。登山口を過ぎてすぐの劔神社で参拝し、そのまま境内を抜け、整備された登山道を進んでいく。

劔神社

 リフト下をくぐる人工のトンネル(?)を抜け、本格的な登山道を進む。昼過ぎまで雨ということもあり、リフトに乗る人は見かけなかった。

剣山リフト下のトンネル

 この付近の標高は1,500mを超えるため、登山道の周囲のブナ、ミズナラはいまだ冬木立の様相だ。新芽がいっせいに萌える春の訪れは、まだまだ先のようだ。

剣山

 

西島野営場でテント泊

 約50分で西島野営場(標高1,700m)に着。既に奈良県の高校生のパーティや、数名の登山者がテントを設置済みであった。

 小生らも重いザックを下ろし、さっそくテントの設営にかかる。気温は6~7度というところか。動いていないと少し寒いくらいだ。

剣山 西島野営場のテント

テント設営を終えたN氏。しきりに「寒い」と繰り返していた。

 これは小生のテント「エアライズ2」、ネットオークションで購入して13年という年代物である。補修と不良パーツの交換を重ねながら、使い続けている。

剣山西島野営場のテント

 西島野営場からは、剣山頂とヒュッテを仰ぎ見ることができる。丸みを帯びた山頂部は、「剣山」という名称から受けるイメージとはほど遠い。

剣山

 就寝準備まで整えたところで、ビールで乾杯。この日の夕食メニューは、途中のスーパーで買ったチキンカツと「おでん+うどん」というもの。冷え切った体に、熱々のおでんがまことに美味であった。

 

剣山の名称の由来

 北アルプスの剱岳はその名のとおり、登山者を圧倒する峻険な山容で知られている。深田久弥が「全く剣岳は太刀の鋭さと靱(つよ)さを持っている。その鋼鉄のような岩ぶすまは、激しい、険しいせり上りをもって、雪をよせつけない。」(『日本百名山』)と述べたとおりの、剣のような姿である。

剱岳

剱岳(2,999m) 2012年8月撮影

 ところが、四国の剣山頂にはなだらかな草地が広がり、少しも剣らしいところがないと聞く。以前からどうして「剣」の文字が使われているのか不思議であった。今回、調べてみると由来には次の2説あるようだ。

 一つは、「安徳天皇の御剣を山頂に埋め、これを御神体としたから、剣山と呼ばれるようになった」(『日本百名山』)という説。

 今ひとつは、頂上直下の大劔(おおつるぎ)神社のご神体である「御塔石」が剣のような形をしているから、という説。

 明日は大劔神社に立ち寄り、剣のような「御塔石」を目にすることにしよう。

※ 本記事の続きはこちら >四国遠征山行レポート(3) 剣山、「昼寝を誘われるような」広々とした山頂

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] ※ 本記事の続きはこちら >四国遠征レポート(2) 剣山登山口の見ノ越に向かう […]

  2. […] ※ 前回の記事はこちら >四国遠征山行レポート(2) 剣山登山口の見ノ越に向かう […]

関連記事

春爛漫の平尾台をぶらりと散策

 急に思い立った山歩きなので、本日はお題なしである。春爛漫の平尾台で、陽光を浴びながらのんびり歩きを楽しむことに決めた。

平治岳のミヤマキリシマと三俣山

平治岳 …五月晴れの日曜日、ミヤマキリシマの開花を偵察に……

5月20日(日) ※ 本稿は2018年5月20日の山行記録を、6月12日にアップしたものです。 【コース及び時間】 0954 吉部登山口~1043 暮雨の滝~1141 坊がつる~1228 大戸越~13 …

足立~戸ノ上縦走、頑張った自分にご褒美

 ぼちぼち夏山遠征に備えたトレーニングを開始せねばなるまい。行けるかどうか分からないが、チャンスがあればいつでも飛び出せるよう、体力だけはつけておきたい。ということで、手始めに足立山から戸ノ上山を縦走することにした。縦走後の「ご褒美」は、入浴と酒屋での「角打ち」である。

四国遠征レポート(4) 西赤石山、アケボノツツジの「花の滝」を堪能

 四国遠征3日目は、アケボノツツジの群落で知られる西赤石山(愛媛県)を歩く。斜面を彩るアケボノツツジの「花の滝」に目を奪われた山行だった。

涌蓋山頂からの展望

涌蓋山、草原歩きと360度の大展望を楽しむ

本日(9月23日)は、所属している「アタック山の会」例会山行日である。歩くのは、大分県の涌蓋山(わいたさん・1,500m)。

 くじゅう山群の西端に位置する独立峰で、日本三百名山。くじゅう連山の各ピークに登頂すると、その北西方向に円錐形の美しい姿を見せてくれるのが涌蓋山である。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 22386総閲覧数:
  • 2009月別閲覧数:
  • 14916総訪問者数:
  • 1320月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30