山行記録

四国遠征山行レポート(2) 剣山登山口の見ノ越に向かう

投稿日:2019年5月9日 更新日:

国道九四フェリー「速なみ」

国道九四フェリー「速なみ」、船首開口部を上げていた。

※ 前回の記事はこちら >四国遠征山行レポート(1) 10連休にどこに出かけるか?

※ 本稿は2019年5月1日の山行記録を、5月9 日にアップしたものです。

 

5月1日、北九州から見ノ越(剣山登山口)へ移動する

国道九四フェリーで四国に渡る。

 どのようなルートを選択するかで差はあるが、北九州市から剣山(徳島県)登山口の見ノ越までは約450km~500kmの距離を走ることになる。時間にして約7時間~8時間、九州から剣山はあまりに遠い。海を隔てているため、心理的な距離感はさらに増す。10連休で四国の山を巡る機会でもなければ、とても訪れようとは思わなかったろう。

 前回の「四国遠征山行レポート(1) 10連休にどこに出かけるか?」でも記したが、今回は高速道路の渋滞を避けるため、フェリーを利用することにした。佐賀関港(大分県)と三崎港(愛媛県)を結ぶ国道九四フェリーである。

九州から四国までのルート

往路のルート。距離447 km 時間7時間57分と表示されていた。(出典:Google Map)

 北九州から佐賀関港まで約150kmを走り、8時発のフェリーに乗船する。船内は椅子席だけでなく、写真のように横になってくつろぐスペースも用意されている。四国まで1時間10分、横になって仮眠をとることもできるし、天気が良ければデッキから海を眺めてもよい。気分転換と休息には最適だった。九四フェリーの船内

 三崎港から松山自動車道伊予ICまでの一般道も交通量が少なく、海を眺めながらの快適なドライブを楽しむことができた。徳島自動車道美馬ICを降り、スーパーで食料を購入し、15時30分過ぎに見ノ越登山口に到着。若干の渋滞には遭遇したが、おおむね順調な往路だった。

 

見ノ越登山口から西島野営場へ

見ノ越の剣山情報センターと駐車場、リフトのりば

見ノ越の剣山自然情報センターと駐車場、リフトのりば

 見ノ越登山口(標高1,420m)には「剣山自然情報センター」、屋根付きの駐車場(無料)やリフト乗り場が整備され、あたりには民宿や食事ができる土産物屋も数軒ある。

 ここから標高差約300mの西島野営場まで、足慣らしも兼ねゆっくり登ることにする。久しぶりのテント泊装備がずっしり肩に食い込む。登山口を過ぎてすぐの劔神社で参拝し、そのまま境内を抜け、整備された登山道を進んでいく。

劔神社

 リフト下をくぐる人工のトンネル(?)を抜け、本格的な登山道を進む。昼過ぎまで雨ということもあり、リフトに乗る人は見かけなかった。

剣山リフト下のトンネル

 この付近の標高は1,500mを超えるため、登山道の周囲のブナ、ミズナラはいまだ冬木立の様相だ。新芽がいっせいに萌える春の訪れは、まだまだ先のようだ。

剣山

 

西島野営場でテント泊

 約50分で西島野営場(標高1,700m)に着。既に奈良県の高校生のパーティや、数名の登山者がテントを設置済みであった。

 小生らも重いザックを下ろし、さっそくテントの設営にかかる。気温は6~7度というところか。動いていないと少し寒いくらいだ。

剣山 西島野営場のテント

テント設営を終えたN氏。しきりに「寒い」と繰り返していた。

 これは小生のテント「エアライズ2」、ネットオークションで購入して13年という年代物である。補修と不良パーツの交換を重ねながら、使い続けている。

剣山西島野営場のテント

 西島野営場からは、剣山頂とヒュッテを仰ぎ見ることができる。丸みを帯びた山頂部は、「剣山」という名称から受けるイメージとはほど遠い。

剣山

 就寝準備まで整えたところで、ビールで乾杯。この日の夕食メニューは、途中のスーパーで買ったチキンカツと「おでん+うどん」というもの。冷え切った体に、熱々のおでんがまことに美味であった。

 

剣山の名称の由来

 北アルプスの剱岳はその名のとおり、登山者を圧倒する峻険な山容で知られている。深田久弥が「全く剣岳は太刀の鋭さと靱(つよ)さを持っている。その鋼鉄のような岩ぶすまは、激しい、険しいせり上りをもって、雪をよせつけない。」(『日本百名山』)と述べたとおりの、剣のような姿である。

剱岳

剱岳(2,999m) 2012年8月撮影

 ところが、四国の剣山頂にはなだらかな草地が広がり、少しも剣らしいところがないと聞く。以前からどうして「剣」の文字が使われているのか不思議であった。今回、調べてみると由来には次の2説あるようだ。

 一つは、「安徳天皇の御剣を山頂に埋め、これを御神体としたから、剣山と呼ばれるようになった」(『日本百名山』)という説。

 今ひとつは、頂上直下の大劔(おおつるぎ)神社のご神体である「御塔石」が剣のような形をしているから、という説。

 明日は大劔神社に立ち寄り、剣のような「御塔石」を目にすることにしよう。

※ 本記事の続きはこちら >四国遠征山行レポート(3) 剣山、「昼寝を誘われるような」広々とした山頂

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] ※ 本記事の続きはこちら >四国遠征レポート(2) 剣山登山口の見ノ越に向かう […]

  2. […] ※ 前回の記事はこちら >四国遠征山行レポート(2) 剣山登山口の見ノ越に向かう […]

関連記事

由布岳の紅葉を静かに味わう

 グループ山行が続くと、ぶらぶら一人歩きがしたくなる。由布岳の山ろくあたりはまだ紅葉が残っているはずだ。紅葉シーズンさなかの賑わいの中、静かな山行を楽しむための作戦を立てることにした。

四国遠征レポート(3) 剣山、「昼寝を誘われるような」広々とした山頂

 2019年5月2日、四国遠征2日目。今日は剣山から次郎笈(じろうぎゅう)に縦走し、大劔神社を参拝するルートを歩く。

大崩山の大岩峰に立つ (1) 天を突くわく塚の絶景

 九州最後の秘境と言われる大崩山系、その大岩峰と紅葉を楽しもうと宮崎までやってきた。台風の影響で紅葉は期待を裏切られたが、わく塚の大展望を満喫した山行だった。

くじゅうの冬、霧氷と凍結した御池を味わう

 厳冬期くじゅう山行の二日目は、雪と霧氷、凍結した御池の氷渡りを楽しもうと、牧ノ戸峠~御池(往復)という定番コースを歩くことにした。

福智山

福智山で初山行の思い出がよみがえる

 本日(10月12日)は、トレーニングがてら福智山(ふくちさん・901m)を一人歩きすることにした。明後日に英彦山を歩く予定なので、足慣らしも兼ねてのぶらぶら歩きである。福智山頂直下の「福智平」で、山歩きを始めたばかりの50歳の時(15年前)の記憶がよみがえってきた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 56327総閲覧数:
  • 4192月別閲覧数:
  • 40623総訪問者数:
  • 2745月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031