山行記録

黒岩山~泉水山、ミヤマキリシマ偵察がてらのぶらり歩き

投稿日:

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 所属するアタック山の会の5月例会山行は、くじゅう連山の黒岩山。その下見がてら黒岩山~泉水尾根を歩いてきた。途中で大崩(おおくえ)ノ辻にも立ち寄り、ミヤマキリシマの開花偵察も兼ねたぶらり歩きである。

※ 本稿は2023年5月16日の山行記録を、5月19日にアップしたものです。

目次

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行地図はYAMAPによるもの山行軌跡図(黒岩山、泉水山、大崩ノ辻)

0831 牧ノ戸登山口 ~ 0914-0932 黒岩山 ~ 1456mピーク ~ 1013 大崩ノ辻分岐 ~ 1039-1056 大崩ノ辻 ~ 1122 大崩ノ辻分岐 ~ 1135-1143 上泉水山 ~(昼食&昼寝)~ 1246-1259 下泉水山 ~ 1339 長者原登山口

※ 下山後、長者原から牧ノ戸までは、九重町コミュニティバスを利用。
※ 写真撮影、コース確認、昼寝(笑)等を行ったため、コース時間はあまり参考になりません。

※ 参加メンバー:単独(がしん)

活動時間(休憩時間) 5時間7分(1時間30分)
活動距離 7.7km
累積標高上り/下り 378m/668m
 カロリー 1,176kcal

 

写真中心の山行メモ

 本山行の目的の一つは、駐車場の確認。山行予定日の5月28日(日)はミヤマキリシマのベストシーズンのため、九州一円はもちろん全国から多くの登山者が訪れる。毎年のことだが、駐車場確保は切実な課題なのだ。

 今回は長者原に駐車し、牧ノ戸峠までは臨時バスを利用。黒岩山から泉水尾根を縦走し、長者原に至る周回コースを予定している。

 長者原ビジターセンターのウェブサイトによれば、登山者用の臨時駐車場が準備されるとのこと。その具体的な様子を確認しておきたいと考えた次第。

「登山者用駐車場」を確認する

 午前8時に長者原着。まずは「登山者用駐車場」を確認しに行こう。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 立看板の指示に従い、長者原ヘルスセンターと登山専門店シェルパの間の舗装道を3、4分歩くと、

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 右手に登山者用駐車場(空き地)が用意されている。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 その40m先左手にも別の「臨時駐車場」を設けている、との立看を発見。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 こちらも覗いてみると、広々とした空き地が。よく分からないが100台は駐車できそうだ。まずは一安心というところ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

黒岩山

 マイカーで牧ノ戸峠に移動し、8時31分黒岩山を目指し出発。山頂までは標高差200mの登りとなる。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 左には阿蘇「寝観音」のシルエット。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 標高1500mのこの辺りは、やっと新緑が芽ぶき出したようだ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 黒岩山頂を示す道標を左にとり、

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻 9時14分、黒岩山頂に到着。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 周辺の岩場には咲き残ったシャクナゲが数株。したたる汗を拭いながら、ほっと一息つく。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 山頂で展望を楽しんだ後、縦走路に戻り上泉水山をめざす。縦走路から顧みた黒岩山、「黒岩」という山名の由来がなんとなくうなづける。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

泉水縦走路

 ここからは、小生の大好きな稜線歩きの始まりだ。くじゅう連山の大展望を楽しみながら、ぶらりぶらりと歩を進める。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 芽生えたばかりの新緑が陽光を浴びる姿に目を細める。小生「新緑フェチ」なのだ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 足元には、春りんどうの可憐な姿がそこここに‥‥。なかなか前に進めない。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 びっしりと花芽をつけたミヤマキリシマ。まだ蕾が固く、開花までには1週間以上かかりそうだ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 遙か前方には由布岳のシルエットが浮かぶ。どこまでも歩いていたい気分、幸せだ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 1456mピークを過ぎてしばらくすると、

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 左前方に鈍頂の双耳峰が見えてくる。左の山がこれから立ち寄る「大崩(おおくえ)ノ辻」(1458m)。変わった山名だが、れっきとしたピークなのだ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

大崩ノ辻分岐

 大崩ノ辻分岐の道標を左にとり、登山者の少ないマイナールートを進んでいく。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 ここから大崩ノ辻までは未整備登山道のため、少し不安になるところ。一ヶ所だけ迷いやすい分岐があるが、それ以外は踏み跡はしっかりしており、ピンクのテープをたどれば問題ない(と思う)。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 上図のA地点が大崩ノ辻分岐。ここから無名ピークの山ろく南側を巻くようにして進む。踏み固められたトレースをたどれば問題ない。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 灌木の間の道も明瞭だ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 判断に迷うのはB地点。薄暗いアセビの樹林帯内でトレースが定かでない上、足場の悪い傾斜地に分岐がある。右にも左にもピンクテープが付けられているため、一瞬判断に迷う所だ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 ここは左を選び、ゴロゴロとした大岩の間を縫うようにして下りていく。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 周囲はシャクナゲが群生し、目を楽しませてくれる。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 鮮やかな赤やピンクの花が森の緑に映え、見とれてしまう。ここは隠れたシャクナゲの名所でもあったなぁ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 きりがないので、先に進むとしよう。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 やがて前方が開けると鞍部に出る。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

薄暗い樹林帯の出口、一気に視界が開け鞍部に出る。

 鞍部に立つと、目指す大崩ノ辻山頂までは残りわずか。笹とまばらに生える灌木の中を登っていくと、すぐに山頂到着。

大崩ノ辻

 あまり知られていない大崩ノ辻、今月の山行コースに推薦したのには訳がある。

 まず、360度の眺望の素晴らしさ。さえぎるもののない山頂からは、阿蘇の遠望、くじゅう連山の大展望、眼前にどんと構える涌蓋山の威容が楽しめる。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

山頂から望める大迫力の涌蓋山

 二番目の理由は、ミヤマキリシマの隠れた名所であること。山頂一帯はミヤマキリシマが群生しており、開花期はすばらしい眺めが味わえる。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

2019年5月撮影

 最後の理由は、登山者がほとんどいないこと。喧噪を避け静かな山歩きを楽しみたい方には、絶好のビューポイントだろう。

 山頂周辺のミヤマキリシマを一通り見て回ったが、今のところ虫害はないようだ。晴天で虫害がなければ、「花よし、眺めよし、混雑なし」の三拍子揃った山行が楽しめると思う。期待できそうだ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 大崩ノ辻山頂でゆっくりとコーヒーを楽しみ、往路をたどって泉水縦走路にもどる。

泉水縦走路

 泉水縦走路にもどった後の、上泉水山~下泉水山~長者原に至るコース紹介は、ガイドブックやネット情報をご覧いただきたい。詳細は省略し、気にとまった部分だけ紹介するとしよう。

 上泉水山に向かう縦走路から顧みた大崩ノ辻。北東部が大きく崩落していることに気づく。なるほど、これが山名の由来なのかも。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 この日は快晴ということもあり、泉水尾根から望むくじゅう連山の展望は格別だった。何度も立ち止まり、大絶景を堪能させてもらった。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

画像4枚をつなぎ合わせたパノラマ写真。クリックで拡大します

 長者原の「黒岩山・泉水山」登山口のあたり。空気まで新緑に染め上げられたような、実にすがすがしい場所だった。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 長者原からは九重町コミュニティバスを利用。牧ノ戸峠まで500円は少し高いなぁと思ったが、1時間歩くことを考えると納得かも。乗客は小生を含めて3人のみ。

黒岩山、泉水山、大崩ノ辻

 帰りは筋湯温泉で汗を流し、ゆっくりと運転して帰宅した。今日も楽しい山歩きができた。有り難いことである。

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の黒岩山~泉水山山行レポートは、こちら > 
 泉水山~黒岩山、マスク着用の稜線歩き
 黒岩山~泉水山、九州自然歩道を利用して周回 

◆ 過去の山行レポート一覧は、こちら 
  >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , , , ,

執筆者:


  1. […] ゅう連山、ミヤマキリシマに関する過去記事は、こちら >   黒岩山~泉水山、ミヤマキリシマ偵察がてらのぶらり歩き  岩井川岳、咲き初(そ)めたミヤマキリシマを愛でる  平治 […]

関連記事

北大船山、咲き誇るミヤマキリシマを堪能!

 尺取り虫がミヤマキリシマの花芽や葉を食い荒らし、あちこちから登山者の失望の声が聞こえる今年のくじゅう連山。せめて一度は美しく咲き誇るミヤマが見たいと、山開き翌日の6月5日(月)に北大船山に出かけてきた。

泉水山~黒岩山、マスク着用の稜線歩き

 所属する「アタック山の会」の8月定例山行は「泉水尾根の稜線歩き」。本来は沢水(そうみ)キャンプ場で前泊し、くじゅう南面から大船山をめざす予定だったが、コロナ禍と7月豪雨による登山道被害のため、やむなく予定変更となった次第。

福智山、鈴ヶ岩屋の山ツツジを偵察に出かける

 梅雨空の合間をぬっての福智山。鈴ヶ岩屋の山ツツジが咲き始めたのではと思い立ち、3週間ぶりの山歩きに出かけてきた。

扇ヶ鼻・久住山、赤川登山口から周回山行 (1)

「11月中旬頃、どこかにテント泊に行きませんか?」というお誘いをS氏からいただいた。あれこれ候補を絞った結果、来年の下見山行を兼ねくじゅう南面ルートを歩くこととなった。

宝満山、看護師登山家・渡邊直子さんに遭遇!

 アタック山の会の1月例会は、恒例の干支(えと)登山。今年の干支は卯(う、うさぎ)だが、兎のつく山はなかなか見つからない。どうして宝満山を選んだのかと尋ねると「うさぎ道にちなんで」とのこと。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 301090総閲覧数:
  • 2381月別閲覧数:
  • 210899総訪問者数:
  • 1620月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829