シニアライフ

元旦早朝の初詣でに出かけてきた

投稿日:

灘 伏見さんによる写真ACからの写真

 元旦の早朝(午前5時)に自宅を出発し、篠崎八幡宮(北九州市小倉北区)へ初詣でに出かけてきた。

 これまで、こんなに早い時間にお参りしたことはない(大晦日の24時過ぎに出かけたことはある)。

 まだ夜も明けやらぬ時間帯に、どうして参拝を思い立ったか。それは、この時間帯に天皇陛下が四方拝(しほうはい)という行事を執り行っていることを知ったから。

 山本雅人氏の『天皇陛下の全仕事』(講談社現代新書)によれば、 陛下は元旦の午前4時頃から準備を始め、午前5時30分には宮中の神嘉殿(しんかでん)の前庭で日本国と国民の安泰を祈ってくださるという。

※ 四方拝についての過去記事はこちら >あとからくる君たちへ(30) 元旦に行われる四方拝(しほうはい)、天皇陛下の祈り

 今年は即位された今上陛下が、初めて「四方拝」を行われる年。どうせ初詣でに出かけるのなら、同じ時間帯に神社に参拝したいとう単純な思いからである。

 元旦の午前4時、目覚ましが鳴る前に目が覚める。普段は午後9時頃に就寝、午前4時起床という生活なので、早起きは苦にならない。老人の朝は早いのだ。

 洗顔と身支度を終え、午前5時に自宅を出発する。外は暗く、人通りはほとんどない。

夜道

 街灯のない暗がりでは、登山用のヘッドランプを使用して歩いていく。やがて篠崎八幡宮の石段が見えてきた。点火された燈籠の灯りが、石段を照らし美しい。

篠崎八幡宮の石段

 鳥居をくぐり、下から見上げた石段と燈籠の灯り。

篠崎八幡宮の石段

 最初の門をくぐると、楼門とその奥に本殿の明かりが見えてくる。人の姿はまだ見えない。

篠崎八幡宮

 楼門をくぐると、本殿前に今年の干支ねずみの大絵馬が飾られていた。

篠崎八幡宮の大絵馬

 手水舎の水で両手を清め、口をすすいで本殿に向かう。早朝で誰もいないかと思ったら、意外と参拝者がいるのに驚く。静かな境内に、鈴音と柏手を鳴らす音が響く。

篠崎八幡宮

 皆さん、深々と頭を下げ、長い祈りを捧げていらっしゃる。こんな早朝にわざわざ参拝されるのには、それなりの理由があるのかも。

篠崎八幡宮 初詣でに訪れた人々

 小生の番である。神前に立ち、まず大過なく1年を過ごすことができたお礼を申し上げる。続いて世界の平安と日本国の弥栄(いやさか)を祈る。最後にお願い事(親族へのご加護)を付け加え、拝礼。

 同じ時間に「四方拝」を行っていらっしゃる陛下は、四方拝の後すぐに「歳旦祭(さいたんさい)」を執り行われると聞く。

 全国の全ての神社で元旦に行われる「歳旦祭」は、実は天皇陛下と共に「五穀豊穣」と「国家・国民の平和」を祈念する行事であることも、つい最近知ったばかりだ。

 参拝を終え、帰宅したのが午前6時。まだカミさんは眠っているようだ。本日の北九州市の日の出時刻は、午前7時20分頃。

 お茶を入れ、新しい年の夜明けをゆっくりと待っことにしよう。

-シニアライフ
-, ,

執筆者:


関連記事

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。  平成最後となる年が明けました。  昨年はブログ「シニアを生きる」をお読みいただき、ありがとうございました。  65歳でリタイヤした老人が、訳も分からず始めたブログ …

今年も元旦早朝の初詣でに出かけてきた

 昨年から始めた元旦早朝の初詣で。今年も1月1日午前5時に自宅を出発し、氏神様である篠崎八幡宮(北九州市小倉北区)に出かけてきた。

孫へのプレゼントにギフト券を作ってみた

 2週間ほど前、孫への誕生日プレゼントに「手作りギフト券」はどうだろうか、というアイディアを披露した。11月になり孫の誕生日も近づいてきたので、くだんの「ギフト券」なるものを作ってみようと思い立った。

24時間くり返しタイマーで、空き家を自動換気する。

 約10日ぶりのブログ更新である。7月末から実家の片づけ作業で悪戦苦闘(?)の日々が続き、ブログを書く余裕がなかったのだ。もっともオリンピック中継はきちんと観戦していたが‥‥(笑)。

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。令和となって初めての新年が明けました。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 202827総閲覧数:
  • 8051月別閲覧数:
  • 138364総訪問者数:
  • 4838月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930