あとからくる君たちへ

あとからくる君たちへ(30) 元旦に行われる四方拝(しほうはい)、天皇陛下の祈り

投稿日:2019年12月5日 更新日:

東日本大震災の被災地・宮城県で被災者を慰問なさる天皇陛下

東日本大震災の被災地・宮城県で被災者を慰問なさる天皇陛下(当時) ©JMPA

※ 本シリーズ前回の記事はこちら >あとからくる君たちへ(29) 「情けは人のためならず」

「四方拝(しほうはい)」、天皇陛下が年の初めに祈ること

祈る

灘 伏見さんによる写真ACからの写真

 今日は令和元年12月5日、後1ヶ月足らずで、新元号「令和」となって初めての新年を迎えます。今回は、皆さんのほとんどが知らない元旦行事を紹介することにしましょう。

 新年の初詣に出かけ、私たちは神社でいろんなことを祈ります。「今年もよい年でありますように」、「受験に合格しますように」、「家族全員が幸せになりますように」、‥‥。神様にお願いしたいことはたくさんありますね。

 ところで、皆さんが初詣に出かける元旦に、天皇陛下は何をなさっているか知っていますか。実は、陛下は、午前5時30分から皇居内の特別な場所で祈りを捧げていらっしゃるのです(この行事を「四方拝(しほうはい)」と言います)。

 陛下の祈りの言葉は毎年同じです。定めにより祈りの言葉は決まっているのです。孫引きで申し訳ないのですが、次のような言葉だそうです。

賊冦之中過度我身(賊冦の中、我が身を過し度せよ
ぞくこうしちゅうかどがしん
毒魔之中過度我身(毒魔の中、我が身を過し度せよ
どくましちゅうかどがしん
毒氣之中過度我身(毒氣の中、我が身を過し度せよ
どくけしちゅうかどがしん
毀厄之中過度我身(毀厄の中、我が身を過し度せよ
きやくしちゅうかどがしん
五急六害之中過度我身(五急六害の中、我が身を過し度せよ
ごきゅうろくがいしちゅうかどがしん
五兵六舌之中過度我身(五兵六舌の中、我が身を過し度せよ
ごへいろくぜつしちゅうかどがしん
厭魅之中過度我身(厭魅の中、我が身を過し度せよ
えんみしちゅうかどがしん
萬病除癒、所欲随心、急急如律令。
まんびょうじょゆ しょよくずいしん きゅうきゅうにょりつりょう

(出典:『江家次第』(ごうけしだい、1111年(天永2)?、「SAS総合研究所」サイトより転載)

 詳しい意味は分からなくてもいいのです。注目してほしいのは、7回繰り返される太字部分。「我が身を過し度せよ」とは、「我が身を通してからにしてください」という意味と言われています。

 つまり、この長く難しい呪文の大意は「国家国民のありとあらゆる厄災(「やくさい」、ふりかかってくる不幸な出来事、わざわい)は、(国民が受ける前に)全て私を通り過ぎるようにしてください」ということなのです。

 日本国民1億2千万人に降りかかる不幸を、まず我が身で引き受けようとの祈りを神に捧げていらっしゃる。この間、皇后陛下(当時)も宮邸の窓や戸を開け放ち、陛下の祈りが終わるのを身を慎んでお待ちになってきたのだとか。

 

四方拝の様子を想像してみる

四方拝

神嘉殿(しんかでん)の南庭に張り巡らされた屏風、その内に敷かれた畳の上で四方拝は行われた(出典:宮内庁書陵部)

 この四方拝という行事は、9世紀初めの嵯峨天皇の時代に始まったとされます。応仁の乱による一時中断を経た後、1475年に再興され、現在まで脈々と続けられています。

 実際に天皇陛下はどのように祈って下さっているのでしょう。山本雅人氏の『天皇陛下の全仕事』(講談社現代新書)によれば、 陛下は元旦の午前4時頃から準備を始め、午前5時半には宮中の神嘉殿(しんかでん)の前庭にお出ましになります。元旦の東京の日の出は午前6時50分頃、周りは暗く、厳しい寒さの中での祈りです。

 屋根だけで吹き抜けの建物には、清潔な青畳が敷かれています。しんしんとした寒さが忍び寄ってくる中、正座の姿勢から立ち上がり、腰を折って深々と頭を下げながら正座にもどり、額が畳につくほどの深さで拝礼。この動作を2度繰り返した後、さらにもう2度同じ動作を繰り返す。何度も正座と拝礼を繰り返しながら、10柱もの神々に国家安泰と国民の幸せを祈ってくださるのです。

このようなご衣装で四方拝に臨まれるらしい(出典:宮内庁)

令和最初の初詣で、祈ること

新年の一般参賀での上皇・上皇后両陛下

新年の一般参賀に応じられる天皇・皇后両陛下(当時)(出典:宮内庁)

 恥ずかしい話ですが、私はつい最近まで陛下の祈りの言葉を知りませんでした。初めて知った時は、驚きと共に有り難さで胸が熱くなったことを覚えています。
 「国民の不幸を全て我が身が引き受けよう」という崇高な祈り、この祈りが千年以上も続いてきたことを知るにつけ、日本国民であることの幸せを実感するようになりました。

 来年の元旦には、新しく即位なさった今上(きんじょう)陛下が、初めて四方拝の儀式を執り行われます。何もして差し上げることのできない私は、せめて同じ時刻に初詣に出かけ、世界の平安と幸せ、次に上皇陛下と今上陛下のご健康を祈念し、最後に個人的なお願い事を申し上げようと考えています。
 
※ YouTubeにアップされていた「四方拝」を取り上げた動画(6分1秒)

 

-あとからくる君たちへ
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] ◆本シリーズの次の記事はこちら >あとからくる君たちへ(30) 元旦に行われる四方拝(しほうはい)、天皇陛下の祈り   […]

  2. […] ※ 本シリーズ前回の記事はこちら >あとからくる君たちへ(30) 元旦に行われる四方拝(しほうはい)、天皇陛下の祈り  […]

  3. […] ※ 四方拝についての過去記事はこちら >あとからくる君たちへ(30) 元旦に行われる四方拝(しほうはい)、天皇陛下の祈り […]

関連記事

あとからくる君たちへ(24) 少女たちの「無言の説法」が会社を変えた

 前回に続き、日本理化学工業と大山泰弘社長(当時)の話です。今回は、大山さんが抱いた二つ目の疑問について紹介します。

あとからくる君たちへ(14) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥

 朝起きる、学校に行く、授業を受ける、友だちと過ごす、部活動をする、帰宅してご飯を食べて眠る。毎日同じことの繰り返し‥‥。
「この生活に何の意味があるんだろう」と考えたことはありませんか?

あとからくる君たちへ(33) 学校で良い「型」を身につける

 私には3人の孫がいます。一番年上の孫は、今年4月に小学校に入学。ぴかぴかの一年生として、これから9年間の義務教育のスタートを切るのです。

あとからくる君たちへ(29) 「情けは人のためならず」

前回はドーパミンとオキシトシン、この2つの脳内物質の話でした。今回は、その続きです。

あとから来る君たちへ(26) 己(おの)が身の誕生の日は、母苦難の日

 2019年7月24日未明、この世に生を受けた君は私にとって三番目の孫になる。「女の子で、母子ともに健康」という一報を受け、ほっと安堵すると同時に、「よくここまで頑張ってくれた」と君のお母さんへの感謝 …


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 59809総閲覧数:
  • 310月別閲覧数:
  • 42415総訪問者数:
  • 181月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031