あとからくる君たちへ

あとからくる君たちへ(4) カタツムリのあゆみ

投稿日:2018年8月15日 更新日:

長崎平和祈念像

 

焦(あせ)らず、休まず、諦(あきら)めず

長崎県に生まれ育ち、百歳を超えてもなお作品創作に意欲を燃やした、北村西望(きたむら・せいぼう)という彫刻家のことを耳にしたことはありますか。長崎市の平和祈念像を制作した人といえば、うなづく人がいるかもしれません。

北村氏が、平和祈念像を制作している時のことです。ある朝足元で見かけたカタツムリが、夕方もう一度像の前に行ってみると、何と九メートルもある像のてっぺんに登っていました。北村氏は小さな生き物の懸命な姿に感動して、少しずつでも進み続けることはすばらしいことだ、次のような句を詠みました。

「たゆまざる 歩みおそろし カタツムリ」

(とだえることのない歩みのなんと驚くべきことだろうか、カタツムリのほんのわずかな歩みであったとしても‥‥筆者句釈)

わずか数センチのカタツムリのゆっくりとした歩みでも、「焦らず、休まず、諦めず」続けていけば、一日で高さ九メートルにまで達することができるのです。

私たちも、何でもよいから日々の努力を積み上げ、最後までやり遂げた達成感を味わってみたいものです。

(平成25年4月「こもれびだより 2号」掲載記事を加除修正したもの)

 

追記

継続の大切さを伝えるエピソードの一つである。長崎の平和祈念像がテレビや新聞に取り上げられた時に、「この像を作った人はね‥‥」と語ったこともある。

実際に平和祈念像を目にしたことのある方は、「あの巨大な像のてっぺんにカタツムリが‥‥!」と、驚きと畏れがいや増したことだろう。

北村西望氏は、昭和62年(1987)百二歳でなくなった。「わたしは天才ではないから、人よりも五倍も十倍もかかるのです。いい仕事をするには長生きをしなければならない」が口癖だったとか。

氏が平和祈念像の制作に当たったのが、昭和26年から30年の4年間と聞く。計算すると66歳から70歳(!)の年齢となる。あの巨大な像を制作するには、相当の体力とエネルギーが必要だったろう。

このエピソードは、10代の少年たちよりも、むしろシニアの自戒のために掲載した方がよいかもしれない。そんなふうに思えてきた。

※ カタツムリの句について

  1. 本句は、「百歳記念のとき、島原市、玉宝寺の聖観音像の台座に」記されたということである(「前坂俊之オフィシャルウェブサイト」百歳学入門(34)ー『百歳長寿名言』★☆『たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ』(彫刻家・北村西望102歳)ほか3本」による)。
  2. 小生は、「たゆまざる 歩みおそろし」を「とだえることのない歩みのなんと驚くべきことだろうか」と釈した。「おそろし」は「恐ろし」(=恐怖)ではなく「畏ろし」(=畏怖)で、大いなるものに対する畏れと敬意の入り交じった心情であろう。

Snail

 

-あとからくる君たちへ
-, ,

執筆者:


関連記事

あとからくる君たちへ(44) 世界一の義援金を日本へ送ってくれた「国」

 東日本大震災(2011年3月11日)が起こってから、まもなく10年を迎えようとしています。

あとからくる君たちへ(41) リスクある選択、何が自分を支えてくれるか?

 今日は2020年12月4日。あのはやぶさ2が地球から3億4千万キロ離れた小惑星「リュウグウ」の探査を終え、7年ぶりに私たちのもとに戻ってきつつあります。

あとからくる君たちへ(27) ”Pay it forward.” 、「恩返し」より「恩送り」を

「もし君が世界を変えたいと思ったら、何をやりますか?」 社会科の授業で先生からこんな課題を与えられたら、あなたはどうしますか? 

世界の果ての通学路

あとからくる君たちへ(8) 映画『世界の果ての通学路』

「通学時間はどれくらい?」
「往復4時間、歩いて通っているよ。」
こんな会話が当たり前の世界に住む子どもたちの映画を紹介します。

あとからくる君たちへ(39) 「どうして勉強しないといけないの?」

 えっ? 「どうして勉強しないといけないの」だって。う~ん、むずかしい質問だね。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 180438総閲覧数:
  • 104月別閲覧数:
  • 123760総訪問者数:
  • 88月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031