出雲見聞録(6) 「さかなと鬼太郎のまち」でカニを堪能!

投稿日:2021年4月20日 更新日:

JR境港駅前の「ゲゲゲの鬼太郎」像

JR境港駅前の「ゲゲゲの鬼太郎」像

 山友のS氏。毎年11月に奥方と一緒に境港へ出かけるのが恒例行事である。聞けば、ゆっくりと温泉に浸かり、市場で格安で購入したカニをホテルで堪能していると言う。

 境港再訪の機会があれば、小生も同じ手でカニを満喫したいと、かねてから考えていた。

◆前回の記事はこちら >出雲見聞録(5) 松江城周辺を気ままに歩く

※ 本稿は2021年3月11日の記録を、4月20日にアップしたものです。 

ドライブを楽しみながら境港へ向かう

 松江から境港までは国道431号で40分ほどの距離である。しばらく走ると右手に「中海」が広がり、陽光にきらめく湖面を眺めながらの快適なドライブとなる。

 途中、道の駅「本庄」に立ち寄る。ここに車を止め、中海に面した展望所から望む大山が好きなのだ。

道の駅 本庄

 あいにくこの日はぼんやり霞んでいたが、湖面の向こうに堂々とそびえる巨大な山体は、やはり圧巻。山頂に雪をいただき、峻厳なたたずまいを崩さない。

中海と大山

 左に目をやると、境港の新名所「江島大橋」が目に入る。

江島大橋 境港

 5千トン級の船が下を通れるよう、橋の最上部は高さ約45メートルにも達するという。車のCMで「ベタ踏み坂」と呼ばれていた、例の橋である。

江島大橋 境港江島大橋(出典:ニッポン旅マガジン

 13時20分、魚市場に隣接する水産物直売センターに到着。

水産物直売センター 境港

 16時までの営業なので、まだ鮮魚はあるだろうと思ったのが甘かった。コロナ禍の平日午後ということもあり、買い物客はまばら。威勢のいいかけ声がうつろに響くようなありさまだ。

水産物直売センター 境港

 センター内に12ある鮮魚店のうち、小生がいつも訪れる店は「丸八商店(カニ専門店)」と「大海(鮮魚も取扱い)」。大海は売り切れらしく、早々と閉店していた。

 丸八商店はまだ営業中とあって、さっそくボイルされたズワイカニを品定め。とは言っても、小生にカニの目利きなどできはしない。
 元気のいいお姉さんとやり取りしながら、勧められるカニを購入し、宿ですぐ食べられるようハサミを入れてもらう。

水産物直売センター 境港
 S氏より「B級カニ(足が1、2本取れたもの等)が狙い目」と知恵づけされていたので、それも購入。
 隣のサラリーマン風の若者は、カニ足一山1,000円を4袋も買っていた。東京に宅急便で送り、友人と食べるそうだ。

 「刺身はないか」と他店をのぞくと、新鮮なヤリイカが目につく。聞けば一本釣りだという。

水産物直売センター 境港

 「今晩宿で食べるので、さばいてもらえないか」と交渉。他に客がいないこともあり、OKの返事。3杯購入。狙いをつけていたスズキのサクは、既に売り切れていた。

 今朝水揚げされたばかりの体長20cm以上のイワシが1尾35円! 高級魚ノドグロが1尾600円! 新鮮なサバもタコも実に安いので、魚好きの小生はテンションが上がってくる。

水産物直売センター 境港

朝水揚げされたばかりのイワシ。刺身、塩焼き、天ぷらと楽しめた。

水産物直売センター 境港

高級魚ノドグロが無造作に並べられている。

 イワシを20尾、穴子を2尾、自宅で食べるB級カニ3杯3,000円も勢いで購入し、翌朝まで冷蔵庫に保管しておいてもらう。

 

「水木しげるロード」を一回り

 持参したクーラーボックスに晩酌用のカニとイカ刺し等を入れ、JR境港駅へ向かう。

JR境港駅

JR境港駅。水木しげるが描く妖怪たちが描かれている。

 境港は「さかなと鬼太郎のまち」だそうだ。水木しげるの生誕地ということで、妖怪で町おこしに取り組み、それなりの成功をおさめている。

 空港の名は「米子鬼太郎空港」、駅前通りは「水木しげるロード」、郵便局は「水木ロード郵便局」、ここまでしなくてもと思うのは、小生の歳のせいだろうか。 ねずみ男 水木しげるロード

 『週刊少年マガジン』でねずみ男を初めて知った時は、少なからず驚いた。
 これほど金に弱く、平気で嘘をつき、欲望に溺れるといとも簡単に人を裏切るキャラクターは、それまでの少年漫画の世界にはいなかったからだ。

 しかし、どこか憎めない魅力もないことはない。当時中学生だった小生、この不思議な半妖怪(ねずみ男は人間と妖怪のハーフだとか)に強い印象を受けた記憶がある。

水木しげるロード

ここでも観光客の姿はまばらだ。

 「猫娘(ねこむすめ)」の像も発見。ねずみ男の天敵で、小生は大好きなのだが、この姿はあんまりだろう。

水木しげるロード

 猫娘はこうでなくては。

水木しげるロード

 水木しげるロードを散策し終え、ホテルにチェックイン。その夜は、黒糖焼酎のお湯割りでカニとイカ刺し尽くしの夕餉(?)。日本海の幸をたっぷりと味わうことができた。

 翌朝、朝食を終え部屋にもどると室内がカニ臭いことに気づき、いささか恥ずかしい思いであった。

 3月12日以降は雨天という予報だったので、カミさんと相談し帰宅することにする。天候と気分次第でどうとでもなるのが、シニアの旅の有り難いところ。

 水産物直売センターで保冷してもらっていたカニ等を受け取り、往路と同じ道をのんびり走って帰る。

 途中の温泉で一風呂浴びて昼食、18時過ぎには無事帰宅。おかげさまで楽しい旅をすることができた。


※ これまでの「旅」関連記事はこちら 

-
-, , , , , , ,

執筆者:


  1. […] ※ 本記事の続きはこちら >出雲見聞録(6) 「さかなと鬼太郎のまち」でカニを堪能! […]

関連記事

東京見聞録(1) 東京駅の展望スポットを訪ねて

 東京駅丸の内駅前広場の整備工事が終わったのが昨年(2017年)12月。御影石で敷き詰められた駅前広場と東京駅の重厚な赤レンガ建築が見たくなり、丸の内南口に降り立った。

奈良&京都見聞録(8) 無鄰菴  (むりんあん)、極上の庭園を堪能する

「無鄰菴 (むりんあん)」、明治の元勲山縣有朋(やまがた・ありとも)の別邸。あまり期待をしていなかっただけに、いい意味で期待を裏切られた名勝。東山を借景とした美しい庭園は実に見応えがあった。

出雲見聞録(4) 掛け軸の品定めに古美術店へ

 出雲大社に詣でたら、ランチは割子そばと決まっている。午後は掛け軸専門店「高美堂」で軸の品定めとしゃれ込む。

奈良&京都見聞録(3) 東大寺、「自主独立」と国家創建の証(あかし)

 春日大社の参拝を終え、そのまま東大寺へ向かう。まずは、南大門の「金剛力士像(仁王像)」(国宝)にご挨拶。いつもながら見ほれてしまうなぁ。この迫力と躍動感。

法隆寺

奈良見聞録(3) 法隆寺、時は止まったまま息づく

 法隆寺には3度訪れたが、いつも駆け足の参拝だった。「いつかはたっぷり時間をとり、時を忘れて心ゆくまで散策したい」と思い続け、やっとそれが実現できる日が来た


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 134041総閲覧数:
  • 4162月別閲覧数:
  • 87603総訪問者数:
  • 3215月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031