奈良見聞録(7) 女人高野・室生寺、「心は室生に 有り明けの月」

投稿日:

室生寺の石段

石段の先に常燈堂が見えてくると、700段の石段も残りわずかとなる。

◆前回の記事はこちら >奈良見聞録(6) 室生寺、掃き清められた石段と優美な五重塔

※ 本稿は2019年9月25日の記録を、12月30日にアップしたものです。

奥の院、「心は室生に 有り明けの月」

 五重塔の裏手から奥の院へ至る長い石段が伸びている。いよいよ700段の石段の核心部だ。両側の杉の巨大さがこの寺の長い歴史を感じさせる。

 呼吸に合わせ一歩々々確実に歩を刻んでいく。途中で息を継ぎ、立ち止まって小休止する参拝者の姿が目立つようになる。

室生寺の石段

両側の杉の大きさが半端ではない。

 山歩きを始めた頃、長い石段の登りに弱音を吐いた小生に「ここまで重い石を運び、石段を積み上げた人の苦労を思えば、我慢できるきつさだよね」と、元気づけてくれた先輩のことをふと思い出した。

 途中の「賽(さい)の河原」から先は、明治時代に石段が出来るまでは、女性でも絶壁を這(は)うようにして登ったという。

 室生寺が女性に門戸を開放したのは、鎌倉時代以降だとか。これまでどれくらいの女性が、さまざまな悩みや悲しみを胸に秘め、この長く険しい急登を登ったのだろうか。

 ‥‥五重塔から15分弱、最後の急な勾配の石段を登り切ると、奥の院。常燈堂(納骨堂)と弘法大師をお祀りする御影堂(大師堂)が現れる。

 「おん あぼきゃ べいろしゃのう‥‥」、弘法大師42歳像を安置する御影堂で頭をたれ、光明真言と「南無大師遍照金剛」を3度ずつ唱える。実は、わが家も真言宗なのだ。

室生寺 御影堂(大師堂)

 御影堂の前には、弘法大師作と伝えられる歌が刻まれていた。

我が身をばの歌の句碑

 「我が身をば 高野の山に とどむとも 心は室生に 有り明けの月」

 「心は室生に」有ると「有り明けの月」を掛け、「身体は高野山に、心は室生寺に有る」との歌。「有り明けの月」は夜明けの空に昇る月であることから、暗い夜が終わり希望の光が差し込むイメージも含んでいるのだろう。

 大師作かどうか真偽は定かではない。だが高野山への立ち入りを禁じられた女性が、山深い室生まで足を運び、難行苦行の末にこの歌にふれた時の喜びは、さぞや大きかったことだろう。

 せっかく奥の院を訪れたのだからと、カミさんはここでも御朱印をいただいていた。

室生寺の御朱印

左が奥の院、右が灌頂堂でいただいた御朱印

 

室生寺を支える人々

 奥の院でのお参りを済ませ、長い石段をゆっくりと下り金堂に着くと、一心に掃き掃除をされている男性がいらっしゃる。振り落ちた杉の葉を丁寧に掃き集めている。恐らく地元の檀家の方なのだろう。

室生寺の参道を清掃する男性

 「お疲れ様です。おかげで気持ちのよい参拝ができました。」
 「ありがとうございます。お気をつけてお帰りください」

 月並みな感謝の言葉のやり取りなのだが、何となくほのぼのした気持ちになる。室生寺が多くの参拝者を集める訳が、何となく分かった気がした。

 ‥‥参拝を終え、駐車場にもどったのが11時30分。広い駐車場にとまっているのは我が愛車のみ。お腹もへったので、ここで早めのランチをとることにする。

 木陰にとめた車のドアを開放し、爽やかな風に吹かれて、出がけに買った「野菜づくし弁当」を食べる。食後はシートを倒し、30分ほど昼寝。勝手気ままなシニアのマイカー旅行の特権である。

 目覚めると、秋空が広がっていた。

秋空

※ 室生寺の紹介動画(30秒)

 


※ 本記事の続きはこちら >奈良見聞録(8) 


※ シリーズ「奈良&京都見聞録」関連記事はこちら  >

※ 「旅」関連記事はこちら 

-
-, , ,

執筆者:


  1. […] ※ 本記事の続きはこちら >奈良見聞録(7) 女人高野・室生寺、「心は室生に 有り明けの月」 […]

関連記事

東京見聞録(3)  神宮外苑のいちょう並木を見物に

 上京4日目の12月8日(土)は終日孫たちと遊び戯れ、夜は合流した娘も含めて総勢7名で楽しく食事に出かけた。翌9日(日)も全員で豊洲の「ららぽーと」に出かけ、孫の「誕生日ギフト券」のリクエストにお応えすることができた。

奈良見聞録(4) 法隆寺夢殿、太子の霊に鎮魂の祈りを捧げる。

 法隆寺訪問4回目にして、やっと夢殿を訪れることができた。いつかこの夢殿を参拝し、ささやかながら聖徳太子の霊に祈りを捧げたかったのだ。

奈良&京都見聞録(3) 東大寺、「自主独立」と国家創建の証(あかし)

 春日大社の参拝を終え、そのまま東大寺へ向かう。まずは、南大門の「金剛力士像(仁王像)」(国宝)にご挨拶。いつもながら見ほれてしまうなぁ。この迫力と躍動感。

奈良&京都見聞録(8) 無鄰菴  (むりんあん)、極上の庭園を堪能する

「無鄰菴 (むりんあん)」、明治の元勲山縣有朋(やまがた・ありとも)の別邸。あまり期待をしていなかっただけに、いい意味で期待を裏切られた名勝。東山を借景とした美しい庭園は実に見応えがあった。

奈良&京都見聞録(11) 東寺の終い弘法で、掘り出し物を探す

 京都には長い歴史を持つ市が二つある。毎月21日に東寺(とうじ)で開かれる「弘法市」と、毎月25日に北野天満宮で開かれる「天神市」がそれ。12月の市はそれぞれ「終(しま)い弘法」「終い天神」と呼ばれ、特に多くの人出を集めるようで、京都の師走の風物詩となっている。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 50063総閲覧数:
  • 441月別閲覧数:
  • 36639総訪問者数:
  • 348月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930