山行記録

北大船山、咲き誇るミヤマキリシマを堪能!

投稿日:2023年6月7日 更新日:

北大船山 ミヤマキリシマ

大船山とミヤマキリシマ

 尺取り虫がミヤマキリシマの花芽や葉を食い荒らし、あちこちから登山者の失望の声が聞こえる今年のくじゅう連山。小生の知る限り、美しいミヤマを目にできるのは立中山、指山、大崩ノ辻、北大船山ぐらいだろうか。

 せめて一度は美しく咲き誇るミヤマキリシマが見たい。静かな山行を期待し、山開き翌日の6月5日(月)に北大船山に出かけてきた。

※ 本稿は2023年6月5日の山行記録を、6月7日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行地図はYAMAPによるもの山行軌跡図(北大船山)

0839 駐車場 ~ 0850 吉部登山口 ~ 1019-1036 坊がつる ~ 1205-1244 段原(昼食) ~ 1254-1313 北大船山 ~ 1416-1425 大戸越 ~ 分岐 ~ 1626 大船林道入口 ~ 1634 吉部登山口 ~ 1638 駐車場

※ 参加メンバー:2人(S氏、がしん)

活動時間(休憩時間) 7時間55分(1時間34分)
活動距離 13.4km
累積標高上り/下り 1000m/1000m
 カロリー 2,226kcal

 

写真中心の山行メモ

北大船山 ミヤマキリシマ

 北九州を午前5時30分に出発、吉部の300円駐車場着が8時40分。月曜日とあって駐車している車もまばら、どうやら静かな山行が期待できそうだ。

 吉部登山口から入山し、木の根株だらけの急登で一汗かくと、

北大船山 ミヤマキリシマ

 後は、鳴子川左岸沿いのゆるやかな登山道を歩くのみ。テント泊装備を詰め込んだ大きなザックが目につくようになる。

北大船山 ミヤマキリシマ

 美しい緑に覆われた登山道、爽やかな空気で身も心も浄化されるような道。「やっぱり、くじゅうはいいよねぇ」と常套句が口をつく。

北大船山 ミヤマキリシマ

 1時間余り歩くと一気に視界が開け、坊がつるの展望がど~んと広がってくる。見渡す限り誰もいない、いいねぇ。

北大船山 ミヤマキリシマ

クリックで拡大します。4枚の画像を合成したもの。

 左の平治岳の山頂はうっすらとピンクに染まっている。虫害をまぬがれた株が、開花しているようだ。

北大船山 ミヤマキリシマ

 坊がつるのテントサイト着が10時19分。平日とあってテントの数もまばらである。山開き前日は、相当な数のテントが立ち並んでいたそうだ。

北大船山 ミヤマキリシマ

 小休止をとり元気を回復して、さっそく大船山の取り付きから段原をめざす。いつもながらの面白みのない登山道、淡々と歩を進めること1時間半で

北大船山 ミヤマキリシマ

 段原(だんばる)に到着。満開のミヤマキリシマが出迎えてくれた。

北大船山 ミヤマキリシマ

 右を見ると大船山を背景に咲き誇るミヤマ。

北大船山 ミヤマキリシマ

 左にはこれから向かう北大船山。北側斜面はピンクの絨毯に覆われている。

北大船山 ミヤマキリシマ

 いいねぇ。

北大船山 ミヤマキリシマ

 振り返ると、くじゅう連山の大展望。

北大船山 ミヤマキリシマ

 阿蘇の威容も遠望できる。

北大船山 ミヤマキリシマ

 すぐ側には美しく咲き誇るミヤマキリシマの群生。たまらん!

北大船山 ミヤマキリシマ

 ミヤマに囲まれ、阿蘇くじゅうの山々を眺めながらのランチは、ことのほか美味であった。

 食後のコーヒーを楽しんでいると、隣のS氏がこっくりこっくり船をこぎだした。朝4時起きということもあり、満腹と同時に眠気が襲ってきたのだろう。

 「横になって仮眠してみては」と勧めると、こんな姿勢で眠り始めた。

北大船山 ミヤマキリシマ

 周囲に人の姿は皆無。そのままにして辺りをしばらく撮影していると、「大丈夫ですか?」という心配そうな声が。どうやら行き倒れと間違えられたようだ。さもありなん。

 さぁ、ミヤマの間を縫うように続く稜線の道を花散策するとしよう。

北大船山 ミヤマキリシマ

 こんなミヤマが咲き乱れる登山道を進んでいく。

北大船山 ミヤマキリシマ

 展望もしっかり楽しまなくては。

北大船山 ミヤマキリシマ

 振り返ると大船山の堂々たる山容がそびえる。時間があれば立ち寄りたかったのだが‥‥。

北大船山 ミヤマキリシマ

 12時54分、北大船山着。

北大船山 ミヤマキリシマ

 山頂付近には数名の登山者のみ。それぞれ幸せなひとときにご満悦のご様子。

北大船山 ミヤマキリシマ

 「哀愁の後ろ姿」ポーズを決めるS氏。

北大船山 ミヤマキリシマ

 大戸越(うとんごし)へ下る縦走路をゆっくりと進む。きれいな株を見つけると、なかなか前に進めない。

北大船山 ミヤマキリシマ

 大戸越への下山時に見下ろした平治岳。虫に食い荒らされた西側斜面が茶色に変わり、被害の大きさがうかがえる。本来は一面のミヤマで彩られているはずなのに‥‥。

北大船山 ミヤマキリシマ

 大戸越で視認すると、尺取り虫に喰われ白骨化した株がそこここに。何とも痛ましい姿で、心が痛む。

北大船山 ミヤマキリシマ

 大船林道から先は、S氏と馬鹿話(?)に興じながら鳴子側右岸の登山道を歩く。やまなみ牧場温泉で汗を流し、交代で運転して帰宅。帰宅時間は20時20分、長い一日だった。冷たいビールが五臓六腑に染み渡る。

 山を歩ける幸せを感じた一日だった。有り難いことである。

-山行記録
-, ,

執筆者:

関連記事

平尾台、外来種駆除ボランティアに取り組む

 今日は平尾台でボランティア山行。所属するアタック山の会と平尾台自然観察センターが連携し、散策がてらセイタカアワダチソウの駆除に取り組もうという計画。

御前岳~釈迦岳、新緑に染まる縦走路を歩く

 所属するアタック山の会の5月定例山行は、御前岳~釈迦岳縦走。福岡県の標高1位と2位の山頂をつなぐ縦走路を歩き、たっぷりと新緑を味わおうというプランのようだ。

扇ヶ鼻・久住山、赤川登山口から周回山行 (1)

「11月中旬頃、どこかにテント泊に行きませんか?」というお誘いをS氏からいただいた。あれこれ候補を絞った結果、来年の下見山行を兼ねくじゅう南面ルートを歩くこととなった。

大船山、赤く染まる御池(おいけ)に酔う

 毎年10月20日前後の週末は、山友とくじゅう紅葉観賞山行に出かけることにしている。狙いすました大船山頂の紅葉は、極上の輝きだった。

猟師岳・合頭山、阿蘇とくじゅうを一望する縦走路

 本日歩くのは、くじゅう連山最西部に位置する猟師岳と合頭山。いずれもくじゅう連山ではマイナーな山域で登山者も限られているため、静かに紅葉と展望を楽しめるはずだ。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 310586総閲覧数:
  • 1432月別閲覧数:
  • 217234総訪問者数:
  • 1003月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930