山行記録

由布岳、山ろくの紅葉と東登山道の岩場登り

投稿日:2023年11月3日 更新日:

由布岳

東登山道から仰ぎ見る由布岳東峰。この碧空の色はたまらん。

 秋晴れの好天が続く。5年前に訪れた日向自然観察路の紅葉が素晴らしかった(その時の山行レポはこちら )ので、あの煌めくような輝きを見たくなった。

 同行者は山友のS氏。土日出勤の勤務なので、「サンデー毎日」の小生に声がかかった次第。

 ※ 本稿は2023年11月1日の山行記録を、11月3日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行地図はYAMAPによるもの

0851 由布登山口駐車場 ~ 0911 日向自然観察路分岐 ~(自然観察路)~ 1009 東登山口分岐 ~ 1159-1301 由布岳東峰 ~ マタエ ~ 合谷越 ~ 1438 駐車場

※ 参加メンバー:2人(S氏、がしん)

活動時間(休憩時間) 5時間46分(1時間12分)
活動距離 6.7km
累積標高上り/下り 859m/859m
 カロリー 1,606kcal

 

写真中心の山行メモ

 山行の準備を済ませて正面登山口を出発したのが午前8時50分頃。平日とあって、さすがに登山者は少ない。山ろくの色づきは、と言えば少し鮮やかさが足りないかも。

 鼻唄混じりで15分ほど歩くと、トイレ前にベンチ数台が置かれた分岐に着く。ほとんどの登山者が直進するが、ここは右をとり「日向観察道」を選択。

 文字が消えかかった標識には「日向観察道を経て東登山口に至る 距り2,850m 標高870m 時間1時間」と書かれてある。

 日向観察道は、由布岳山ろくを北東方面にトラバースするように設けられた散策路。落葉樹の森を縫うように歩くため、森林浴にもってこいの道である。

 あいにく期待したほどの紅葉は見られなかったが、それでも美しい彩りがちらほらと目に入る。

 周囲の紅葉を味わいながら、のんびり歩を進めていく。

 10時9分、東登山道に出合う。この分岐で行動食休憩。静まりかえった森と木洩れ日にいやされるひとときだ。

 ここから先は次第に険しさが増し、後半にはロープと鎖の岩場が数ヶ所。高度を上げるにつれ、ほとんどの木々はその葉を落とし、冬枯れの気配。紅葉のピークは過ぎたのだろうか。

 山頂が近づくにつれ、ロープが下がった岩場や

 鎖場が増えてくる。

2018年11月4日撮影

 見上げるとコバルトブルーの碧空を背景に、東峰山頂がそびえ立つ。何てきれいな色なんだ。

 疲れてきたら鶴見岳を眺めて一休み。

 赤く色づいた紅葉にも目をやり、のんびりと登っていく。北九州マラソンにエントリーし、トレーニングに余念ないS氏ははるか先を登っている。

 お鉢巡りの登山道に出合うと、「あかん、あかん」という女性の笑い声。振り返るとヘルメットを着けた団体さんが10名ほど。関西の人たちだろうか。

 東峰直下の最後の岩場をえいやっと登ると、山頂着。登山口から3時間もかかったことになる。

 山頂でS氏とのんびり昼食を楽しみ、帰りは正面登山道を下る。見下ろすと合谷越から下は錦繍の彩りだ。紅葉ピークは900m~1,000m辺りに下がっているのだろう。

 案の定、正面登山道沿いの山ろくでは、たっぷりと紅葉を楽しむことができた。
 美しいグラデーション。

 目にしみいるような鮮烈な赤。

 こちらは黄葉、

 こんな登山道を快適なペースで下っていく。

 14時38分、駐車場に到着。休憩も含め、5時間半の山歩きだった。乗車する前にもう一度辺りを見渡し、別れを告げる。

左から飯盛山、由布岳、日向岳(クリックで拡大します)

 温泉はいつもの家族旅行村「安心院温泉」。広々とした湯船にどっぷりとつかると、窓の向こうには登ったばかりの由布岳が。これで300円なのだから、「温泉県」大分はすばらしい! 

 今日も楽しい山歩きができた。有り難い、ありがたい。

 

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の山行レポートは、こちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

◆ 由布岳の過去の山行レポートは、こちら >

-山行記録
-, , ,

執筆者:

関連記事

桜 添田公園

岩石山、巨岩からの展望と満開の桜

 ブログへの記事アップが滞っているが、これには諸事情があり、その詳細は、いずれ改めて述べることになるだろう。小生の体調を気遣っていただいた方々、ご心配をおかけしています。体調は問題なく、忙しさでブログを書くゆとりがないだけの話です。

犬ヶ岳のシャクナゲ

犬ヶ岳、新緑とシャクナゲの競演に酔う

 今回は忙しさの合間をぬって出かけた犬ヶ岳(1130m)のレポート。GWの頃の犬ヶ岳は、ブナやナラの新緑が見事なだけでなく、稜線には国指定天然記念物のツクシシャクナゲが淡紅色の花を咲かせ、実に楽しく歩けるお気に入りの山なのだ。

福智山頂で展望を楽しむシニア

福智山、増水した沢で靴を脱ぎ渡渉する

 降り続く秋雨の合間に、1日だけ晴れ予報が出たのが8月31日。この日を逃すと翌日以降も雨と聞き、N氏と共に地元の福智山に向かうことにした。

貫山、秋の平尾台をぶらり一人歩き

 この数日めっきり秋めいてきたこともあり、平尾台で秋の花を眺めながらぶらり歩きを楽しもうと思い立ち、出かけてきた。

扇ヶ鼻・久住山、赤川登山口から周回山行 (1)

「11月中旬頃、どこかにテント泊に行きませんか?」というお誘いをS氏からいただいた。あれこれ候補を絞った結果、来年の下見山行を兼ねくじゅう南面ルートを歩くこととなった。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 328370総閲覧数:
  • 3176月別閲覧数:
  • 226337総訪問者数:
  • 2404月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031