山行記録

猟師山、「森の貴婦人」オオヤマレンゲに会いに行く。

投稿日:2019年6月24日 更新日:

 
猟師山のオオヤマレンゲ

「森の貴婦人」オオヤマレンゲ

※ 本稿は2019年6月20日の山行記録を、6月24 日にアップしたものです。

 いつも拝見しているサイト「ようこそ九重連山へ」の6月16日付記事で、猟師山のオオヤマレンゲが紹介されていた。花のピークはもう少し続くようである。その清楚で上品なたたずまいを眺めているうちに、無性に会いたくなってきた。

 

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。猟師山

08:54 九重森林公園スキー場駐車場~猟師山登山口~(うさぎコース)~林道出合~ 10:23-10:26 猟師岳(1,423m)~分岐~ 11:01-11:18 合頭山(1,384m)~分岐~ 11:34 合頭山登山口~(車道歩き)~ 11:52-12:17 牧ノ戸峠~(九州自然歩道)~ 13:10 長者原

※ 花の撮影時間が長かったため、所要時間は参考になりません。

参加メンバー:単独

活動時間(含む休憩時間) 4時間19分
活動距離 9.1km
高低差 375m
累積標高 上り/下り 676m/785m
消費カロリー 1,792kcal

 

「カミさん温泉、ワシは山」を前日午後に決定

 オオヤマレンゲの通称は、「森の貴婦人」。これまで祖母山や英彦山で見たことはあるが、猟師山のは未見である。最近はネットでつとに知られるようになり、週末は登山客で大混雑の日もあると聞く。

 一度見たいと思い始めるともう抑制が利かない。恥ずかしながら小さな子どもと一緒である。カミさんを誘ってみると、温泉に入れるのなら(登山口まで)同行してもよいとのこと。

 幸いすぐ近くの筋湯温泉うたせ大浴場は、午前6時から営業している。これで下山口の長者原へ車を回してもらえるめどが立つ。前日午後に話がまとまり、急きょ猟師山のオオヤマレンゲ観賞山行が可能となった次第。

 午前5時30分に北九州を出発し、九重森林公園スキー場着が8時30分。平日とあって、登山客らしき車は数台のみ。

九重森林公園スキー場

 準備を整えゲレンデに向かうと、先行するシニアのグループが目に入る。目的は同じとみた。

九重森林公園スキー場

 第1リフト終点から、目の前の第3リフトの乗口に向かって進む。

九重森林公園スキー場

 右前方に「猟師岳・シャクナゲ谷」の道標が立っている。

猟師山

 気持ちの良い自然林の道をしばらく進むと分岐が現れる。地図では、どちらに進んでも先で合流するようだ。右の「うさぎコース」を進むと、すぐに林道に出合う。

猟師山

 

森の貴婦人との逢瀬を楽しむ

 林道で汗を拭っていると、人の声が聞こえてくる。声の方に進んで行くとオオヤマレンゲ発見! 初々しい純白のつぼみが、かすかな風に揺れている。

猟師山のオオヤマレンゲ 株の周囲では数名の登山客が、何枚も何枚もシャッターを切っている。待ちわびた森の貴婦人は、かぐわしい芳香を放ち静かにたたずんでいた。

猟師山のオオヤマレンゲ

 いくら見ても見飽きない、上品で清楚な姿は、ため息が出そうなくらい美しい。

猟師山のオオヤマレンゲ

 ミヤマキリシマが咲くこの時期に、ここでオオヤマレンゲを見られるとは、くじゅうを訪れる楽しみが一つ増えたというもの。

猟師山のオオヤマレンゲ

 どことなく愁いを帯びたような表情の花も‥‥。たまらん!

猟師山のオオヤマレンゲ

 何度も撮影に訪れるという人によれば、近頃はオオヤマレンゲを見る団体も増え、登山道の離合が大変だとか。おまけに撮影ポジションの争奪戦(?)まで起こりそうな気配らしい。

 「今日は、人が少なくていいですなぁ。この数年は、人が多くてなかなか静かに花を見れんのですよ。」と愚痴ることしきり。

 こんな静かな環境で貴婦人との逢瀬を楽しめるなんて、まさに至福のひとときである。有り難い、有り難い。

 

猟師山から合頭山をミニ縦走

 オオヤマレンゲを満喫した後は、樹林帯と低灌木帯が交互に続く登山道をゆっくり登り、猟師山(岳)山頂へ。予想通り、誰もいない山頂を一人占め状態。

猟師山のオオヤマレンゲ この日のご褒美は、前夜から冷凍庫で凍らせておいたカルピス・ウォーター。ちょうどよい具合に溶けて、渇いた喉を潤してくれる。

カルピスウォーター

 猟師山から合頭山までの縦走路は、なかなか魅力的であった。前方にくじゅう連山の山並みが横たわり、右手には阿蘇が遠望できる。くじゅうと阿蘇の両方を楽しみながら歩を進める登山道は、草原の縦走路。思わず鼻唄が出そうな道がずっと続いている。

猟師山のオオヤマレンゲ

 道ばたに咲くアザミにも見とれてしまう。

猟師山のアザミ

 スキー場へもどる周回コースをとるのなら、ここから左折すればいいようだ。

猟師山

 この日はP.M.2.5のせいか展望はよくなかった。澄み渡った秋空の下であれば、素晴らしいミニ縦走ができそうな予感がする。

猟師山

 縦走路から見た合頭山登山口の駐車場。やまなみハイウェイが延びる左奥には、牧ノ戸登山口の建物が遠望できる。駐車場から牧ノ戸峠までは、徒歩10分余りであった。

合頭山

 牧ノ戸登山口で昼食をとり、その後九州自然歩道を下って、長者原でカミさんと待ち合わせ。筋湯温泉の様子を聞くと、飯田高原のさわやかな風に吹かれ11時過ぎまで昼寝と散策で過ごしたため、温泉はまだとのこと。

 それではということで、花山酔でゆっくりお湯につかり帰路につくことにした。楽しい一日に感謝である。

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , ,

執筆者:

関連記事

四国遠征から帰って来ました!

 新天皇陛下即位で奉祝ムード一杯の 5/1~5/5 の5日間、四国の剣山(徳島県)、西赤石山(愛媛県)、石鎚山(愛媛県)の3座に登り、昨日帰宅しました。

由布岳の紅葉を静かに味わう

 グループ山行が続くと、ぶらぶら一人歩きがしたくなる。由布岳の山ろくあたりはまだ紅葉が残っているはずだ。紅葉シーズンさなかの賑わいの中、静かな山行を楽しむための作戦を立てることにした。

涌蓋山頂からの展望

涌蓋山、草原歩きと360度の大展望を楽しむ

本日(9月23日)は、所属している「アタック山の会」例会山行日である。歩くのは、大分県の涌蓋山(わいたさん・1,500m)。

 くじゅう山群の西端に位置する独立峰で、日本三百名山。くじゅう連山の各ピークに登頂すると、その北西方向に円錐形の美しい姿を見せてくれるのが涌蓋山である。

大崩山の大岩峰に立つ (2) 大展望と恐怖の坊主尾根

 九州最後の秘境と言われる大崩(おおくえ)山系、その大岩峰と紅葉を楽しもうと宮崎までやってきた。本稿は前回に続き、大崩山の山行レポートである。

黒岳 くじゅう連山

黒岳、長時間の雨中山行でずぶ濡れとなる。

 8月24日は所属する「アタック山の会」の定例山行日。今月はくじゅう連山の黒岳(高塚山)登頂後に山ろくを周回し、黒嶽荘宿泊というお泊まり山行の予定だった。しかし降り続く雨に打たれ、途中撤退を余儀なくされてしまった。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 23112総閲覧数:
  • 2735月別閲覧数:
  • 15344総訪問者数:
  • 1748月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30