山行記録

英彦山、新緑のシャワーを浴び、ケルンの谷から山頂へ

投稿日:2020年5月25日 更新日:

英彦山の新緑

朽ち果てようとする巨木と生を謳歌する新緑、生命の循環を実感。

※ 本稿は2020年5月23日の山行記録を、5月25日にアップしたものです。

 2020年5月15日、福岡県でも緊急事態宣言がようやく解除となった。5月2日の犬ヶ岳山行以来、ずっと山は自粛してきていたため、喜びもひとしおである。県境を越える移動は避けてほしいとのことなので、県内の英彦山(ひこさん・1199m)に出かけることにした。

 裏英彦山ルートでケルンの谷を経て、新緑のシャワーを浴びて中岳をめざす。下りは北西尾根をのんびりと歩き、ここでも新緑を味わい尽くそうというプランである。

コースと活動概要 

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。

08:03 豊前坊駐車場 ~ 08:18 薬師峠 ~ 08:20 裏英彦山道登山口 ~ 09:37-09:50 ケルンの谷 ~ 10:24 稜線出合い~ 10:35-11:12 中岳山頂~(北西尾根)~ 11:57 野鳥観察路出合い ~ 12:07 英彦山青年の家スキー場~ 12:30 豊前坊駐車場

参加メンバー:3人(B氏、N氏、がしん)

活動時間(含む休憩時間) 4時間27分(行動時間3時間11分、休憩時間1時間16分)
活動距離 6.8km
累積標高上り/下り 658m/660m
カロリー 1,970kcal

 

豊前坊からケルンの谷へ

 新緑を満喫できるお気に入りのコースと言えば、由布岳山ろくの自然観察路、くじゅうの男池からかくし水までのルート、大船山4号集材路などが頭に浮かぶ。

 まだ県境を越える移動は避けた方がよいので、今回は英彦山を歩くことにする。裏英彦山道を経てケルンの谷から山頂を目指し、下りは北西尾根をのんびり歩くコースである。

 豊前坊駐車場に車を止め、薬師林道を歩き裏英彦山道の取付点に着いたのが8時20分。風雨にさらされた標識の文字は、範読しがたい。

裏英彦山道取付

 薄暗い杉の植林帯をしばらく登り、北岳の肩から伸びる尾根筋に乗り上げると落葉樹の森となり、木洩れ日に緑が映えて美しい。

英彦山の新緑

 晴天にも恵まれ、周囲はあふれんばかりの新緑‥‥。聞こえるのは鳥のさえずりと、小生らの声のみ。

 「裏」英彦山道と呼ばれているが、実は英彦山の南東斜面を横切るトラバース道で、明るく気持ちのよい道である。

英彦山の新緑

 「いいねぇ」、「癒やされますねぇ」、「元気が湧いてくるようです」などと、それぞれ勝手なことを言いながら、歩を進める。

 山を歩ける幸せを実感である。

英彦山の新緑

英彦山の新緑

 9時37分、ケルンの谷到着、豊前坊駐車場から約1時間30分。ここで行動食休憩とする。ここまでに遭遇した登山者はわずか2人のみ。

ケルンの谷

 周囲の緑が本当に素晴らしい。どこを見ても生命の息吹が伝わってくる。

 

ケルンの谷から中岳山頂へ

 ケルンの谷から山頂をめざすルートは、今回で4回目である。過去3回はいずれも紅葉の時期か初冬の頃で、5月に歩くのは初めてだ。

 新緑の時期にこのルートを歩いて、その美しさに深い感銘を受けた。

 鳥の声と自分の足音しか聞こえない静寂に包まれ、人の手が入っていない落葉樹の森を登っていく。

英彦山の新緑

 この色を何と呼べばいいのか。微妙に異なるあまたの緑色が周囲に満ちている。

英彦山の新緑

 そこここに年輪を感じさせる巨木が散在する。

英彦山の新緑

 朽ち果てかけた巨木と、これから生を謳歌しようとする若葉のコントラスト。

英彦山の新緑

 森が生きる喜びに震えているような情景だ。歳を重ねると、はつらつとした若い命に遭遇すると、頬がほころび元気をもらったような気分になる。

英彦山の新緑

 ケルンの谷から30分ほど登ると、中岳と南岳の鞍部にいたる最後の急登が待っている。ここを汗まみれになってあえぎながら登っていく。約3週間の巣ごもり生活のせいか、心肺機能の衰えが甚だしい。小生よりも若い二人の足取りは軽いようだ。

英彦山の新緑

 中岳と南岳を結ぶ稜線の登山道に出合うと、膝に両手を置き肩で息をするばかり、しばらくは声も出ないほどだった。
英彦山の新緑

 視線を挙げると、大きな葉が目に入る。何の木だろうか?

英彦山の新緑

 10時35分、中岳山頂着。まだ時間が早いせいか、数名の登山者がいるのみ。声をかけてきた男性にも久しぶりに山を歩く喜びがにじんでいた。

英彦山中岳

 少し早いが、木陰のベンチに陣取りランチとする。本日のメニューは、冷えたそうめん。クーラーバッグで冷やしておいたそうめんと自作のめんつゆ、きゅうりとハムの千切りを添えて、すすり込む。

そうめんランチ

 火照った体に冷えたそうめん、箸が進むこと進むこと‥‥。デザートに冷やした桃ゼリーを味わい、最後はコーヒーで締めて、満足のランチであった。

 

静寂の北西尾根を下る

 中岳山頂から北西方面にゆるやかに延びる大きな尾根、人呼んで「北西尾根」。この尾根をたどるルートは、正規の登山道ではない。かつては踏み跡も定かではなかったのだが、この数年歩く人も増え、今では明確な踏み跡がついている。

 中岳の頂から北西尾根方面を臨む。標識も何もないが、よく見ると踏み跡は判別できる。

英彦山 北西尾根

 この北西尾根、「鳥の声と自分の足音しか聞こえない静寂の尾根」と雑誌『のぼろ』に紹介されていた。美しい落葉樹の間を縫って踏み跡が続いている。最近では番号札までも設置され、安心して歩けるようになった。この番号札をカウントダウンして進めば、間違いなく下山できるという次第。

英彦山 北西尾根

 気をつけるとしたら、この岩場に設置されたハシゴぐらいだろうか。それでも慎重に下れば、特に問題はない(と思う)。

英彦山 北西尾根

 ご覧のように、鼻唄が出そうなくらい、ご機嫌な下山道である。新緑が身も心も染め上げてくれるようだ。

英彦山 北西尾根

 英彦山 北西尾根

 中岳山頂から約50分(標高差300m)ほど下ると、野鳥観察路との交差点に出合う。今日は右折して野鳥観察路をたどり、県立英彦山青年の家付設スキー場をめざすことにする。
 苔で覆われた日本庭園のような場所が現れると、スキー場は近い。

英彦山 北西尾根

 スキー場に到着。

英彦山青年の家スキー場

 後はよく手入れされた杉並木を眺めながら、九州自然歩道をのんびり歩いていくだけ。

英彦山 九州自然歩道

 12時30分、豊前坊の駐車場着。すでに駐車場は満車状態、下の第二駐車場も半分は埋まっていた。

豊前坊駐車場 帰路に営業を再開したばかりの源じいの森温泉に立ち寄り、露店風呂で汗を流す。楽しい一日だった。

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , ,

執筆者:

関連記事

扇ヶ鼻・久住山、赤川登山口から周回山行 (1)

「11月中旬頃、どこかにテント泊に行きませんか?」というお誘いをS氏からいただいた。あれこれ候補を絞った結果、来年の下見山行を兼ねくじゅう南面ルートを歩くこととなった。

根子岳東峰、大戸尾根ルートで紅葉を楽しむ

 南阿蘇山行のお目当ては、阿蘇・根子岳の紅葉観賞。今回は「大戸尾根コース」で根子岳東峰(1408m)をめざすことにした。

四国遠征レポート(3) 剣山、「昼寝を誘われるような」広々とした山頂

 2019年5月2日、四国遠征2日目。今日は剣山から次郎笈(じろうぎゅう)に縦走し、大劔神社を参拝するルートを歩く。

三俣山南峰直下降ルートの容赦のなさ

三俣山、南峰直登ルートの容赦のなさ

 くじゅう連山三俣山のリンドウの花を見たくなった。ついでに、南峰から坊がつるへと至る直登ルートを下ってみることにした。結果は‥‥、へろへろ状態である。

由布岳、盛夏のテント泊山行 (1)

 朝から蝉時雨に悩まされるようになった。本格的な夏の到来だ。暑気払いも兼ね、山行後にテント泊で一杯やろうとなり、「由布岳+志高湖キャンプ」というプランがまとまった。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 65811総閲覧数:
  • 1514月別閲覧数:
  • 46057総訪問者数:
  • 1001月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930