山行記録

初冠雪の英彦山、今季初の霧氷に出合う

投稿日:2019年12月10日 更新日:

英彦山の霧氷

晴れ渡った空に霧氷の白が映える

 雑事に追われ、この3週間ほど山にはご無沙汰である。仕事に就いているわけではないが、居住するマンションの管理組合業務に追われていたのだ。連日のデスクワークで腹が出、足腰がなまってきたのがよく分かる。

 少し長めの山歩きで体に活を入れる必要があろうと、「裏英彦山ルート+三峰縦走」という老人には自虐的な(?)山行に出かけることにした。

※ 本稿は2019年12月7日の山行記録を、12月10日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。裏英彦山ルート山行軌跡図

08:24 高住神社 ~ 08:41 薬師峠 ~ 08:43 裏英彦山ルート登山口 ~ 09:59-10:15  ケルンの谷 ~ 11:01 籠水峠 ~ 11:52 南岳登山道出合~ 12:38 南岳(1,199.5m) ~ 12:59-13:44 中岳 ~ 14:05-14:23 北岳 ~ 15:14 高住神社

参加メンバー:2人(B氏、がしん)

活動時間 6時間50分(行動時間5時間16分、休憩時間1時間33分)
活動距離 8.0km
累積標高 上り/下り 1,363m/1,364m
消費カロリー 3,575kcal

 

高住神社からケルンの谷へ、誰もいない冬枯れの山を歩く。

 PCの山行記録を確認すると、最後に「裏英彦山ルート+三峰縦走」を歩いたのは、昨年の11月15日。アタック山の会の例会山行の下見(単独行)だった。シーズン最後の紅葉を楽しみながら、のんびり歩いた記憶がある。今回は木々もすっかり葉を落とし、冬枯れの静かな山を楽しもうと思った次第。

 高住神社到着が8時頃、駐車場そばの温度計には零度という表示が見える。車の外に出ると、しんしんと冷え込んでいるのがよく分かる。

高住神社横の表示板

 準備を整え、薬師峠まで15分ほど歩き、林道から裏英彦山ルートに取り付く。杉の植林地の中を蛇行するように登山道が続いている。昨日の寒波による初冠雪が鮮やかだ。

裏英彦山道

 高度を稼いでいくと、やがて植林はまばらになり、自然林を縫って歩く道に変わる。静かでいい雰囲気だ。山ふところに抱かれ、初雪が残る登山道をのんびりと歩いていく。

裏英彦山道

 このルートの魅力は、この静寂と豊かな落葉樹の森にあるのだろう。びっくりするほどの大木に出合う機会も多く、手つかずの自然が味わえる。

 気がつくと、樹木にナンバーカードが設置されている。登山道に沿って、ケルンの谷までこのカードが付けられている(確か最後は64番だった)。

裏英彦山道のナンバープレート

 34番のカードから少し進み、少し広めの尾根を横切る所に迷いやすい場所がある。道を見失い周囲をよく見回すと、右後ろ(4時の方角)に赤テープを発見! 去年もここで迷ったんだ。次からは34という数字を覚えておこう。

 35番から先は、なだらかな下りが続き、次第に岩が多くなってくる。重なる岩を縫うようにして進み、10時少し前にケルンの谷に到着。

裏英彦山道

 ザックを下ろし、積み上げられたケルンを眺めながらひと休みする。行動食を食べ、暖かい紅茶を飲むと元気が湧いてきた。

裏英彦山道 ケルンの谷

 谷から山頂を見上げると、苔むした岩が初雪に覆われ、冬枯れの森が本当に美しい。いつまでも眺めていたいほどだ。

裏英彦山道 ケルンの谷

 

ケルンの谷から籠水峠を経て、南岳登山道出合いへ

 ケルンの谷から籠水峠(こもりみずとうげ)までは、荒れた道に苦労した。落ち葉や雪で踏み跡が定かでない上に、倒木の下を何度もくぐり、雪や苔で滑りやすい大きな岩を乗り越え、足場の悪い急斜面をトラバースする所までも控えている。

裏英彦山道

 何度かスマホのGPSで現在地を確認しながら、籠水峠を目指す。前半の穏やかな雰囲気の山歩きとは対照的な、変化に富んだ難路である。

裏英彦山道

 籠水峠までに出合ったのは、シニア3人のパーティと、単独行の若い女性のみ。このお嬢さん、「どちらから?」という小生の問いに、「四王寺の谷から南岳に登り、鹿の角を経て籠水峠に降りてきました」とさりげなくおっしゃる。

 ほとんど道らしき道もないあのルートを、たった一人で歩いてきたとは‥‥。久しぶりに出会った「男前」の女性(しかも美人)に脱帽であった。

 籠水峠からさらに進み、道標の立つ四差路分岐(南岳登山道出合い)に着いたのが、11時52分。出発してから3時間30分かけて、英彦山の山ろくを半周したことになる。これからやっと南岳を目指す登山が始まるのだ。

裏英彦山道

 分岐点の裏英彦山道への進路には虎ロープが張られ、「難路 道迷い多し、初心者不向き」との掲示が下がっていた。

裏英彦山道への標識

 

南岳から三峰縦走、予期せぬ霧氷に感激

 分岐点から南岳への標高差は約330m余り。裏英彦山道を3時間半歩いた後のこの登りは、さすがに泣きたくなる。何度も歩いた登路とはいえ、材木石までの岩ゴロの急な登り、その後に続く鎖場と岩場はこたえた。日頃の不摂生を反省させられた辛い登りであった。

 南岳山頂に近づくと、周囲の木々にはことごとく霧氷が‥‥。いっぺんに疲れが吹き飛び、さっそくカメラでパチリ。 

英彦山の霧氷

 南岳から中岳へ向かう縦走路は、まるで霧氷のトンネルが続いているからのような情景だ。何枚も何枚もシャッターを押してしまう。

英彦山の霧氷

 中岳山頂の上宮も、つんとすましたような風情だ。

英彦山の霧氷

 上宮で参拝を済ませ、広場の休憩舎内で温度計を見ると零下1度。風が吹き込んでいるため、体感温度はもっと低いはずだ。4時間30分の山歩きの後だけに、腹はぺこぺこである。熱いカップ麺といなり寿司で空腹を満たし、コーヒーを飲み終えるとやっと体が温まってきた。

 昼食を終え、さあ下山にとりかかろうかかという時、みるみるうちに雲が遠のき、青空が現れ始める。「おぉ~っ!」と自然に声が出てくる。

英彦山の霧氷

 きつい登りを頑張ったご褒美だと勝手に解釈し、ここからは霧氷の個人撮影会だ。次から次へとアングルを変え、被写体を変え、シャッターを押す、押す、押す。

英彦山の霧氷

英彦山の霧氷

 

積み重なった岩と氷に冷や汗、足場を確認しながらの下山

 北岳からの下山道、昨秋大きく崩落していた急斜面には、鉄製の歩道橋(?)が設置されており、少しは安全が確保されている。

英彦山

 しかし、橋を渡り終えた後の岩場はなかなか危険、一歩々々慎重に足場を固めて降りていく。

英彦山

 稜線から左折し、高住神社へ至るガレ場には、岩の上にうっすらと雪が積もり、おまけに氷までもが張り、危ないことこの上ない。恐る恐る慎重に下っていくしかない。

英彦山 下山道

 「溶岩の壁」を通過すると、岩から長いつららが何本も下がっている。

「溶岩の壁」に下がっていたつらら。

「溶岩の壁」に下がるつらら。長いものは1mを越えていた。

 視界から雪と氷が消え、足裏に土の感触を感じた時には、さすがにほっとした。後は高住神社まで冬枯れの森をのんびり下っていくだけである。

英彦山

 本日の下山後の湯は、赤村「源じいの森」付設の温泉。広々とした湯船に飛び込むと、思わずうなり声が出てしまう。湯温41度のほどよい湯加減に包まれ、至福のひとときである。累積標高差が1,000mを越える山歩きは、久しぶりだったなぁ。

 翌朝の起床時の筋肉痛は、なかなかのものであった。

※ 過去の英彦山の山行記録はこちら >初詣でを兼ねて英彦山へ

◆「山行記録」の関連記事はこちら >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク 

-山行記録
-, , , ,

執筆者:

関連記事

大船山頂標識

初夏の大船山、足慣らしを兼ね大展望を味わう

 2020年6月19日、北九州市民に対する不用不急の外出自粛要請が解除された。そこで23日(火)に足慣らしを兼ね、大船山の大展望を眺めに出かけることにした。

四国遠征山行レポート(1) 10連休にどこに出かけるか?

 「10連休、どこか遠出したいですね。ふだん行けない山がいいっすね。」山友のB氏のこの一言が、今回の四国遠征のきっかけである。

貫山、高校生に元気をもらい羊群原をそぞろ歩く

 明日は天気が崩れるとの予報である。何とか晴れ間が残る今日中にどこかに登っておきたい。近くで15時までに下山でき、楽しく歩ける場所はないかと考え、平尾台をぶらつくことにした。

リンドウ

秋を告げる可憐な花、リンドウを見にくじゅうへ

   9月も半ばを過ぎ、朝夕めっきり涼しくなった。くじゅうに秋を告げるリンドウ(竜胆)が開花している頃である。3連休の喧噪を避け、本日(9月18日)白口岳(1,720m)山頂のリンドウに会い …

猟師山、「森の貴婦人」オオヤマレンゲに会いに行く。

 いつも拝見しているサイト「ようこそ九重連山」の6月16日付記事で、猟師山のオオヤマレンゲが紹介されていた。花のピークは後数日のようである。その清楚で上品な画像を見ているうちに、無性に会いたくなってきた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 59809総閲覧数:
  • 310月別閲覧数:
  • 42415総訪問者数:
  • 181月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031