山行記録

錦繍のくじゅう連山を歩く(2) 燃える三俣山

投稿日:2018年10月23日 更新日:

※ 本稿は2018年10月20日の山行記録を、10月23日にアップしたものです。

 くじゅう連山の定番紅葉スポットは、三俣山(みまたやま)のお鉢巡りと大船山(たいせんざん)の御池(みいけ)。この2座を1泊2日で歩くことにした。本稿は前回に続き、三俣山のお鉢巡りの山行レポートである。

※ 前回の記事はこちら >錦繍のくじゅう連山を歩く(1) 燃える三俣山

 

三俣山南峰からお鉢巡りコースへ

 今回は「Ⅳ峰→南峰→北峰→本峰」という反時計回りのコースを選択した。紅葉の時季のこのコースは、未体験だったからだ。

 南峰から反時計回りで周回するコースの注意点は、南峰直下の分岐点をくれぐれも見落とさないことだ。小生は7月の山行で見落としてしまい、分岐点まで登り返すという苦い経験をしている。

※ 参考記事 >坊がつるでテント泊‥‥酷暑の中、三俣山南峰直登ルートに挑む (2)

三俣山登山地図

(出典:「山旅クラブ」収録登山地図「_広域_九重_山系」)

 南峰から下ること100mくらいだろうか、左側の頭の高さに写真の紅白のテープを確認できた。ここから右折すれば、お鉢巡りの周回路となる。後は赤テープをたよりに、道なりに進めばよい。

お鉢巡り目印のテープ

分岐を示す紅白テープ、ここから右折するとお鉢巡りコース。

 しばらく進むと、いきなり鮮やかな紅葉が目に飛び込んでくる。「これでもか!」という紅葉の饗宴がいよいよ始まるのだ。三俣山

 

大鍋の底で、絶品の紅葉に酔いしれる

 お鉢巡りコースの東側最低鞍部から大鍋の底に下りていく。うっそうと茂った樹林の梢をくぐりお鉢の底に着くと、一気に視界が開ける。

 「これは‥‥」、しばし言葉を失う絶景が眼前に広がる。北峰の南斜面を見上げ、息をのむ、何と素晴らしい紅葉だろう。

三俣山

大鍋の底から見上げる北峰の南斜面。息をのむような彩りだ。

 何時間も汗をかき、息をきらして歩いた者だけが味わえる至福の時間である。高く澄んだ秋空のもと、腰を下ろして飽かず味わい尽くす。脳みそがとろけそうである。これだから、山はやめられない。

 何枚も何枚もシャッターを切るが、しょせんコンパクト・デジカメ。この美しさを写し切れないのがまことに残念である。最新の一眼レフ・カメラが欲しいとつくづく思う。

三俣山 大鍋

青空、紅葉、岩峰の絶妙のマッチング。「たまらんなぁ‥‥」

 
三俣山 大鍋

錦繍のグラデーション、見飽きることがない。

 

北峰から本峰へ

 さて、お鉢から周回路に登り返し、次のビューポイント小鍋の懸崖を見下ろせる場所へ。ここからの紅葉も最高!

三俣山 小鍋の紅葉

眼底まで染まるような赤、小鍋の懸崖の彩りも言葉を失うほどだ。

 この日、お鉢巡りをする登山客はかなりの数であった。周回路のそこここで、行列や渋滞が目につく。帰宅時間を気にする必要がない小生らは、渋滞を避け、のんびりゆったり歩くことにする。

三俣山

列をなして北峰をめざす団体さん、離合も大変のようだ。

三俣山

北峰を見上げる露岩に立ってみる。哀愁(?)の後ろ姿である。

三俣山

北峰から本峰へ続く稜線下にも鮮やかなグラデーションが

 本峰にいたる鞍部で一息入れ、最後のきつい登りにとりつく。反時計回りのお鉢巡りは、この最後の本峰への登りが手強いのだ。両手両足を使い、時にはロープを頼りに急登を登る。気温も上がり、汗がしたたる。約20分程度のきつい登りを終え、14時34分に本峰着。

 汗を拭きながら大鍋の紅葉を見下ろす。ここからの眺めも格別である。

三俣山

本峰から見下ろす大鍋の紅葉。「スゴ~イ!」の声があちこちから。

 腰を下ろしそよ風に吹かれていると、後から「凄~い! 凄~い!」という感嘆の声が聞こえてくる。どうやら今着いたばかりの女性グループのようだ。なかには、「スッゴ~ィ!」の三連呼までやるご仁や、「スゴ~イ!」の頭に「ウッソ~!」を添加する女性もいて、なかなか面白かった。

 まぁ、ここまで頑張ったご褒美ですよね。こんな素晴らしい紅葉、来年もまた見られるとは限りません。「一期一会」、心をこめたっぷり味わいましょう。

 見納めの紅葉を20分間ほど楽しみ、15時前に本峰を出発し帰路につく。標準タイム1時間ほどのお鉢巡りを2時間かけて周回したことになる。燃える三俣をたっぷりと味わいつくし、大満足である。

 名残りはつきぬが、温泉とビールが待っている。「三俣よさらば また来る日まで‥‥」、替え歌を口ずさみながらスガモリ峠へと向かう。

 

下山後、いつもの湯治宿Y荘へ

 今回の宿は筋湯温泉の湯治宿Y荘。もともと湯治客相手の宿だけに、宿料安い、駐車場完備。公共浴場すぐそば、内湯(源泉掛け流し)もあり。部屋に冷蔵庫、共同台所には炊飯器、ガス(有料)、電子レンジ、鍋・釜、食器常備でおかみさん親切。くじゅう登山には、よく利用させてもらっている。

 少しぬるめの温泉で汗を流し、持参した食材、調味料、酒を広げて鶏鍋としゃれこむ。疲れた体に乾いた喉、「空腹は最上のソース」とはよく言ったものだ。食べ始めの10分くらいは無言の時間が続く。

 熱々の鶏鍋をつつきながら、ビールを喉に流し込む。次は焼酎のお湯割りに大分名産のカボスを搾り入れて味わう。心地よい酔いが全身にゆき渡る。

 午後8時にはくずれ落ちるように眠りにつき、翌朝4時まで爆睡であった。

 

※ 本稿の続きはこちら >錦繍のくじゅう連山を歩く(3) 大展望の大船山

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, ,

執筆者:


  1. […] ※ 本稿の続きはこちら >錦繍のくじゅう連山を歩く(2) 燃える三俣山 […]

  2. […] ※ 前回の記事はこちら >錦繍のくじゅう連山を歩く(2) 燃える三俣山 […]

  3. […]  錦繍のくじゅう連山を歩く(1) 燃える三俣山、  錦繍のくじゅう連山を歩く(2) 燃える三俣山、 […]

  4. […]  ※ 参考記事 >坊がつるでテント泊‥‥酷暑の中、三俣山南峰直登ルートに挑む (2) 、錦繍のくじゅう連山を歩く(2) 燃える三俣山 […]

関連記事

錦繍のくじゅう連山を歩く(3) 大展望の大船山

 くじゅう連山の定番紅葉スポットは、三俣山(みまたやま)のお鉢巡りと大船山(たいせんざん)の御池(みいけ)。この2座を1泊2日で歩くことにした。本稿は前回に続き、大船山の山行レポートである。

右田ヶ岳、花崗岩をまとった低山を歩く

 新年度がスタートして早や2週間余り。人事異動に伴う新しい職場環境や、年度当初の業務立ち上げ等でお疲れのことだろうと、お察しする次第。こんな時は外に出かけて汗をかき、展望のよい場所でまったりするに限る。久しぶりに山口県防府市の右田ヶ岳(426m)で気分転換とストレス解消に出かけることにした。

平治岳、ミヤマキリシマの開花偵察に出かけてきた。

 くじゅう連山の平治岳(1,643m)に急遽出かけてきた。もちろんん、ミヤマキリシマの開花状況を偵察するためである。

経塚山、大分県で最も早く咲くというミヤマキリシマを下見に

 大分県で最も早くミヤマキリシマが開花する、速見郡日出町の経塚山。所属するアタック山の会の5月例会山行(5/12)の下見に出かけてきた。

三郡山~宝満山周回、下見山行に出かける

 所属している「アタック山の会」の2月定例山行は、三郡山~宝満山縦走の予定である。今回はその下見を兼ね、未踏の頭巾山(とっきんやま・901m)ルートを登ることにした。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 31114総閲覧数:
  • 3394月別閲覧数:
  • 21208総訪問者数:
  • 2747月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930