山行記録

錦繍のくじゅう連山を歩く(1) 燃える三俣山

投稿日:2018年10月22日 更新日:

三俣山

屹立する露岩に立ち、紅葉を楽しむ登山者

※ 本稿は2018年10月20日の山行記録を、10月22日にアップしたものです。

 くじゅう連山の定番紅葉スポットは、三俣山(みまたやま)のお鉢巡りと大船山(たいせんざん)の御池(おいけ)。この2座を1泊2日で歩くことにした。絶好の秋晴れに恵まれ、息をのむ錦繍(きんしゅう)の彩りを心ゆくまで堪能することができた。

 

今回のお題とコース

 今回山行のお題は

  1. くじゅうの紅葉スポット、三俣山(1,745m)と大船山(1,786m)を1泊2日で楽しむ。
  2. スマホGPSソフト”YAMAP”を使い慣れる(主に現在地の特定、下山後の活動記録の確認)。
  3. 体力チェック:7時間以上を連続2日で歩けるか?

◆コース及び活動概要
 ※ 地図データと活動記録はYAMAPによるもの。GPSの不具合か? 一部通っていないルートが表示されている。

三俣山コース図

長者原~スガモリ越~三俣山西峰~Ⅳ峰~南峰~(お鉢の底)~北峰~本峰~西峰~スガモリ越~長者原

活動時間 7時間8分
活動距離 12.34km
高低差 727m
累積標高上り/下り 1,199m/1,177m
カロリー 3,980kcal

 

長者原から三俣山南峰へ

長者原駐車場

早朝から満杯の駐車場、九州一円はもとより関西ナンバーまで

 10月20日6時10分、JR西小倉駅で同行のN氏をピックアップし、一路くじゅうへ車を走らせる。出発時間が遅いため、北九州都市高速道路~東九州自動車道を経由し、長者原着が8時35分頃。3つある公共駐車場は既に満杯で、1台も駐車できるスペースはない。仕方がないので歩いて5分ほどの臨時駐車場へ車をとめ、身支度を調える。こちらはガラガラ状態であった。

 9時7分に長者原を出発。スガモリ峠までお決まりの道をN氏とゆっくり歩く。くじゅう連山は一面にガスで覆われ、晴天の天気予報とは裏腹のありさまである。約1時間20分でスガモリ峠着。ガスは未だ晴れず、多くの登山客たちは山頂を眺めて思案に暮れた様子。

スガモリ越

ガスに覆われた三俣山を見上げる登山者たち

 あれこれ考えても仕方がないので、避難小屋跡で行動食を食べ、西峰への登りに取り付く。ガスで展望の利かない中、一歩一歩足を進めていく。「天気予報のバカ!」と言いたいが、表情には出さない。下山してくる人はわざわざ「ガスで何にも見えないですよ」と、言わずもがなの一言をつぶやいていく。

 まもなく西峰に着こうとする頃、にわかにガスが晴れ始め、上空に青空が広がり展望がきき始める。我ながらほほが緩んでくるのが分かる。あっという間にそれまで隠れていた中岳と天狗ヶ城の双耳峰、背後の久住山、北千里ヶ浜の大展望が指呼(しこ)の間に見える。

三俣山

上空に青空がのぞき、テンションが上がる。

くじゅう連山

くじゅう連山の大展望も指呼の間に

 こうなると、期待もテンションもいや増すばかり。「見ろ! 正義は勝つ」という気分になる。どうして自分が「正義」なのかは不明だが‥‥。

 とにかく大鍋の紅葉がどうなっているか、それが問題である。心はときめき、足も速まり、呼吸も荒くなってくる。三俣山南峰着が11時46分。汗をぬぐいながら、気になる大鍋の方向をのぞき見る。ここから大鍋の紅葉の一部が垣間見えるのだ。

 「おぅ! いいじゃないか。」。北峰南斜面の赤やオレンジの色彩が目に飛び込む、これは期待できそうである。 

三俣山

三俣山南峰から垣間見える大鍋の紅葉。期待できそうだ。

大船山

振り返ればはるか遠くに大船山の紅葉。明日への期待が高まる。(望遠撮影)

 遠くに明日登る大船山の紅葉と坊がつる湿原を眺めながら、ゆっくり昼食を楽しむ。今日は泊まりなので、帰宅時間を気にする必要はない。「最高だよねぇ」と、N氏と何度も言葉を交わす。

 

※ 本稿の続きはこちら >錦繍のくじゅう連山を歩く(2) 燃える三俣山

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, ,

執筆者:


関連記事

帆柱山系四座、足慣らしを兼ねてのんびり周回

「近場でいいから、どこか歩きませんか」とのS氏からのお誘い。「足慣らしに皿倉山を歩こうか」ということで、帆柱自然公園の四座を周回することになった。

岳滅鬼山、万緑の峰入り古道を歩く

 S氏のリクエストで、英彦山系の岳滅鬼山(がくめきさん)を歩くことになった。この山、1、2度登ったことがあるはずなのに、どんな山だったか余り覚えていない。なぜだろうか。

国東半島の衛星写真

両子山(ふたごさん)、干支(えと)登山は滑って転んで泥だらけ‥‥

 所属するアタック山の会の1月例会登山は、今年の干支(えと)にちなんだ干支登山。「子」の字が入った両子山(ふたごさん)に登ることになった。

大船山頂標識

初夏の大船山、足慣らしを兼ね大展望を味わう

 2020年6月19日、北九州市民に対する不用不急の外出自粛要請が解除された。そこで23日(火)に足慣らしを兼ね、大船山の大展望を眺めに出かけることにした。

くじゅう連山 御池と久住山

中岳&星生山、久しぶりにくじゅうの秋を満喫

 緊急事態宣言がやっと解除された。「待ってました」とばかり、大分県のくじゅう連山に出かけてきた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 219285総閲覧数:
  • 7764月別閲覧数:
  • 149655総訪問者数:
  • 5367月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930