奈良&京都見聞録(10) 京都迎賓館、オール京都のおもてなし

投稿日:2019年2月20日 更新日:

京都迎賓館の庭園(出典:「京都迎賓館」公式サイト/内閣府)

◆前回の記事はこちら >奈良&京都見聞録(9) 京都迎賓館、匠たちの一流の技に酔う

※ 本稿は2018年12月20日の記録を、2019年2月20日にアップしたものです。

 

オール京都のおもてなし

 旅行からもどり、録画していた番組「京都迎賓館 極める! 京都の技とおもてなし」(NHKプレミアムカフェ、2018年12月14日放映、102分)を見て驚いた。この番組は、富司純子と寺島しのぶ母娘が京都迎賓館を訪問し、迎賓館実現の立役者である建築史家・中村昌生氏の案内でその魅力を伝えるという内容。

回廊から見る庭園(出典:「京都迎賓館」公式サイト/内閣府)

 小生が驚いたのは、京都迎賓館で賓客を迎える際の接遇のやり方。そこには、京都の総力を挙げてのおもてなしが提供されることが分かったからだ。以下、番組からの受け売りである。

 京都迎賓館の正規職員はわずか10数名、この人数で海外の賓客の接遇ができるわけがない。では、どうするか? お客様の予定が決まると、京都中のおもてなしの達人たちが総力を挙げ、最高のおもてなしの準備を始めるのだという。その幾つかを箇条書きしてみると‥‥

  • 壁を飾る絵画や床の間の掛け軸は、季節や賓客にふさわしい美術品を、その都度京都市中の美術館から探し出し借りてくる。京都市の美術館の収蔵庫は、迎賓館の収蔵庫でもある。
  • 海外のVIPを歓迎する生け花は、京都いけばな協会の協力で、34流派の家元たちが持ち回りで生けている。これも、季節や賓客の好みを考慮して生ける。
  • 京都迎賓館の厨房には、専属の料理人がいない。晩餐会の料理と接遇は、京都の名だたる料亭やホテルが回り持ちで担当する。料理人だけでなく、食材、食器、調理道具一式が搬入される。

出典:「京都迎賓館が特別公開中!」婦人画報サイト

 「迎賓館にお客様を迎える折には、どこの国のお方か、どれくらいの年代の方か、どういった会議や会合なのかをあらかじめ聞いた上で、花、器、生け方などを考える」(大津光章氏、京都いけばな協会会長)そうである。この「日本のおもてなしの心」が、接遇の隅々にまで行き届いていることが分かる。

 番組では、「京都迎賓館を見守る会」の様子も紹介されていた。京都迎賓館の建設に携わり、生涯最高の仕事をしたと自負する人たちは、毎年1回迎賓館に集まる。百名にも及ぶ職人や関係者が、自分が担当した部分が変わらず保たれているか点検しているという。

 京都迎賓館が「日本の伝統技能の粋を集めた最高のおもてなしの場」と称するに値する施設だと、腑に落ちた。

 

京都迎賓館を知るために

◆「京都迎賓館」/京都新聞 特集アーカイブ
 地元「京都新聞」が迎賓館の建築、庭園、調度品等を紹介するシリーズ。匠たちの隠されたエピソードが紹介されており、興味深く読んだ。迎賓館を訪れる前に一読しておけば、理解も感動も深まることと思う。

◆動画『京都迎賓館』(政府インターネットテレビ」)
 居ながらにして京都迎賓館の素晴らしさを味わうことができる動画(約15分)。実に分かりやすく的確に迎賓館の魅力をまとめてくれている。

内閣府 京都迎賓館(内閣府京都迎賓館公式ウェブサイト)
 迎賓館の参観予約のやり方も含め、概要を把握するために。

 


※ シリーズ「奈良&京都見聞録」関連記事はこちら  >

-
-,

執筆者:


  1. […] ◆前回の記事はこちら >奈良&京都見聞録(10) 京都迎賓館、オール京都のおもてなし […]

  2. […] 奈良&京都見聞録(10) 京都迎賓館、オール京都のおもてなし […]

  3. […] 奈良&京都見聞録(10) 京都迎賓館、オール京都のおもてなし […]

関連記事

法隆寺

奈良見聞録(3) 法隆寺、時は止まったまま息づく

 法隆寺には3度訪れたが、いつも駆け足の参拝だった。「いつかはたっぷり時間をとり、時を忘れて心ゆくまで散策したい」と思い続け、やっとそれが実現できる日が来た

ちょいと旅に出かけてきます

 マンション管理組合の仕事(?)で煮詰まってきたので、気分転換に1週間ほどのミニ旅行に出かけてきます。

東京見聞録(1) 東京駅の展望スポットを訪ねて

 東京駅丸の内駅前広場の整備工事が終わったのが昨年(2017年)12月。御影石で敷き詰められた駅前広場と東京駅の重厚な赤レンガ建築が見たくなり、丸の内南口に降り立った。

奈良&京都見聞録(11) 東寺の終い弘法で、掘り出し物を探す

 京都には長い歴史を持つ市が二つある。毎月21日に東寺(とうじ)で開かれる「弘法市」と、毎月25日に北野天満宮で開かれる「天神市」がそれ。12月の市はそれぞれ「終(しま)い弘法」「終い天神」と呼ばれ、特に多くの人出を集めるようで、京都の師走の風物詩となっている。

奈良&京都見聞録(9) 京都迎賓館、匠たちの一流の技に酔う

 今回の京都の旅で楽しみにしていことの一つが、京都迎賓館の参観。館内に足を踏み入れると、そこは匠たちの最高峰の技が輝く「未来の国宝」館と言ってもよい施設。その素晴らしさはまさに「眼福(がんぷく)」の一言であった。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 30595総閲覧数:
  • 2875月別閲覧数:
  • 20768総訪問者数:
  • 2307月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930